最近のトラックバック

« やっとリマスター再発じゃ〜・2 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・2 »

2009年6月 3日 (水曜日)

ポップなボブ・ジェームス

渾身のアレンジと自作曲、そして、それを演奏し尽くす煌めくメンバー達の数々。ボブ・ジェームスのファースト、セカンドは素晴らしい出来だった。LPでいうB面の1曲目にクラシックの名曲を実に秀逸なアレンジで聴かせるところは、どちらも同じ。このファーストとセカンドは、兄弟アルバムみたいなもの。

さて、続く3枚目のリーダーアルバム『Bob James Three』(写真左)。このアルバムだけ、スティーブ・ガットではなく、ハービーメイソンの起用。ビートの雰囲気が違うのはそのせいだろう。ファンキーでポップ。この『Bob James Three』では、ファンキーでポップなボブ・ジェームスが聴ける。

特に、象徴的な曲が、3曲目の「Weschester Lady」。ファンキーな雰囲気が満載。ボブ・ジェームスのアレンジ&プロデュースの「引き出しの多彩さ」を、いやというほど実感できる名演である。とにかく、ストリングスのアレンジが素晴らしく、実にお洒落である。ボブ・ジェームスの十八番であるフェンダー・ローズもファンキーでポップ。これぞ、フュージョン。これぞ、良いフュージョンである。
 

Bob_james_3_2

 
冒頭の「One Mint Julep」も、ブラスの重ね方も響きも、徹頭徹尾に「ファンキー」。続く2曲目の「Women Of Ireland」は、幽玄なフルートの出だしが実に印象的で、カリプソ的なカリビアンなフェンダー・ローズの響きが凄く心地良い。そして、エリック・ゲイルのソロ。必殺の「泣きのフレーズ」が炸裂する。

ファースト、セカンドは良く紹介されるが、意外と地味な存在の『Bob James Three』。でも、その内容は、ファースト、セカンドとは違った、ファンキーでポップなボブ・ジェームスが聴けて、これはこれで、素晴らしい出来だと思います。

最初聴くと、ファンキーでポップな雰囲気とストリングスの多様が、ちょっと俗っぽく感じて、若干の「戸惑い」を感じることもありますが、聴き進めるうちに、ボブ・ジェームスの優れたアレンジとプロデュースに、ドップリ浸りきっている、そんなアルバムです。

今の耳で聴いても、決して古く聴こえない。ボブ・ジェームスのアレンジとプロデュースの「能力の高さ」と「センスの良さ」が実感できる、隠れたボブ・ジェームスの秀作だと思います。今でも時々引っ張り出してきては聴く、お気に入りの一枚でもあります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« やっとリマスター再発じゃ〜・2 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/29938648

この記事へのトラックバック一覧です: ポップなボブ・ジェームス:

« やっとリマスター再発じゃ〜・2 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・2 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ