« ジャズ喫茶で流したい・3 | トップページ | 実はジャズ者ベテラン御用達 »

2009年6月10日 (水曜日)

セロニアス・モンクを感じるには

プレスティッジ時代のモンクは不遇だと書いた。適当に優れたメンバーを集めてのジャム・セッション形式の録音方式は、モンクには合わない。それだけ、モンクの音楽は、その個性が強すぎると言って良いと思う。

そんな強烈すぎる個性を感じるには、やはり、リバーサイドの諸作が良い。そんなリバーサイドの諸作の中で、セロニアス・モンクの個性を十分過ぎるほど感じる事ができるアルバムが『Brilliant Corners』(写真左)。これは強烈である。

Ernie Henry (as), Sonny Rollins (ts), Thelonious Monk (p), Oscar Pettiford (b), Max Roach (ds)を核としたパーソネル。「Bemsha Swing」だけ、Clark Terry (tp)が追加加入し、ベースがPaul Chambers に変わる。
 
振り返ってパーソネルを見渡してみると、なかなか考えられた人選である。モンクの音楽を素早く理解し、モンクの個性を前に立てながら、バックでしっかりとモンクの音楽を支える。そんな、実に微妙で良く考えられたパーソネルである。
 
冒頭の「Brilliant Corners」の出だしのモンクのピアノを聴くだけで、否が応でも、モンクの個性を感じることができる。というか、協調和音中心のクラシック音楽に慣れた耳で聴くと、これは絶対に変だ、おかしいと思うに違いない。
 

Brillant_corners

 
しかし、聴き進めるうちに、モンクの不協和音的なピアノのフレーズに、何か規則的なものを感じて、これは面白い、これはユニーク、これはいける、と思ったら、もう「病みつき」である。

どうして、こういうユニークで奇妙な、それでいて、複雑な幾何学模様のように規則めいていて、ドライブ感のある、ハンマー打法のようなピアノになるのか。いや〜、本当に強烈な個性である。モンクのピアノは、これは面白いと思ったら「病みつき」になって填っていく。でも、これは駄目、と思ったら、とことん駄目になる。

そういう意味では、この『Brilliant Corners』というアルバムは、ジャズ初心者の方々には、モンクの個性が強すぎると思う。それほど、このアルバムは、モンクの強すぎる個性が炸裂している。2曲目「 Ba-Lue Bolivar Ba-Lues-Are」以降、ラストの「Bemsha Swing」まで、モンクの個性が炸裂しまくり。

しかし、冷静になって考えてみると、この『Brilliant Corners』って凄いアルバムである。おそらく、モンクの諸作の中で、一番、モンクの個性が溢れている、というかモンクの個性の「洪水」である。モンク好きには堪らないアルバムである。しかし、モンク嫌いにとっては、こんなに苦手なアルバムもないだろう。超名盤とはそういうものである。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ジャズ喫茶で流したい・3 | トップページ | 実はジャズ者ベテラン御用達 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セロニアス・モンクを感じるには:

« ジャズ喫茶で流したい・3 | トップページ | 実はジャズ者ベテラン御用達 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー