最近のトラックバック

« やっと敦賀明子の第3弾を聴く | トップページ | やっとリマスター再発じゃ〜・2 »

2009年6月 1日 (月曜日)

ジャズ喫茶で流したい・1

ジャズのアルバムには「定盤」と呼ばれるものが多々ある。ジャズ入門書を賑わし、レコード会社のジャズ・アルバム再発キャンペーンを賑わす、教科書的な、真のジャズ者になる為に、試行錯誤しながらも、聴かなければならないアルバム達。

もしも、リアルなジャズ喫茶をやるなら、どうもこの「定盤」アルバムは、流すのが憚られる。リクエストされたら仕方が無い。でも、「定盤」アルバムは、誰もが知っている、誰もが推薦するアルバムである。なにも、ジャズ喫茶のマスターが「これどうぞ」と薦めるアルバムでは無いだろう。

やっぱり、ちょっと捻りを効かせた、聴いているジャズ者の方々が、「これ、何て言うアルバム」って、ジャケットを見に来るような、そんなアルバムを、ジャズ喫茶では流したい。ジャズ者の皆さんが、買うのに躊躇う、手に入れるのに悩む、でも、実のところ、ジャズとしてなかなかの内容のアルバム。そんなアルバムを、ジャズ喫茶で流したい。

最近、入手したアルバムの中で、例えば、SAHIB SHIHAB(サヒブ・シハブ)の再発ものである『SENTIMENTS』(写真左)なんて、そんなアルバムの一つ。1965年、1971年録音。録音年を見ても判る通り、寄せ集め的なアルバム。

1971年3月コペンハーゲン録音の秀作『Sentiments』の全曲を収録し、更にボーナス・トラックとして、1965年8月&12月コペンハーゲン録音のアルバム『Sahib Shihab And The Danish Radio Jazz Group』からのピックアップ6曲(なぜが2曲省略)を加えた、24-bitリマスターのCD化版。しかし、こんな変則的な収録しなくても良いのになあ。
 

Sahib_shihab_sentiments_6

 
でも、その内容は、実に面白い。バリトン、フルート、アルト、ソプラノ、等を自在に吹きこなすマルチ・リードのテクニシャンであるサヒブ・シハブ。

『Sentiments』の収録曲の部分は、1965年の録音。当時流行だったフリー・ジャズとモード・ジャズの雰囲気を所々に漂わせながら、アブストラクトな演奏と伝統的なハード・バップな演奏がミックスされた、とてもユニークな演奏の数々。

そもそも、サヒブ・シハブがマルチ・リード奏者だけあって、冒頭の2〜3曲を聴いただけでは誰だか判らない。でも、バリトン・サックスの音色が出てきた瞬間に、サヒブ・シハブか? とあたりを付けることは出来る。

ベースの音が、やけにブンブン魅力的に響くなあ、と思っていたら、全編に渡って、NIELS-HENNING ORSTED PEDERSENだったり、ちょっと優雅な黒いピアノの音色はKENNY DREWだったり、他の楽器、トランペットやドラムは、なかなかの演奏で、誰だろう誰だろうと思いながら聴いていて、パーソネルを確認して、全く知らないミュージシャンだったりして、とにかく、聴いていて面白い。

ダークで、ちょっとポップで、聴きやすい展開ながら、ところどころアブストラクトな側面を覗かせる、実に個性的なサヒブ・シハブのソプラノ・サックスとバリトン・サックスは、聴き所満載。フルートも水準以上の出来。

サヒブ・シハブと言われると、名前は聞いたことはあるけど、どんなアルバムを入手して良いのかも判らず、名前だけ聞いてスルーしがちな「サヒブ・シハブ」。この『SENTIMENTS』は、彼のマルチ・リードの特徴が良く出ていて「買い」のアルバムだと思います。2008年8月5日のブログ(左をクリック)でご紹介した『Seeds』もなかなか楽しめる、サヒブ・シハブのアルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« やっと敦賀明子の第3弾を聴く | トップページ | やっとリマスター再発じゃ〜・2 »

コメント

こんにちは~^^
最近あまりコメント入れてないのですが
実はニフの方から読みに来てます。
mixiの方はあんまアクセスしてなくて(^^;)
春の不調時期が過ぎて、体調の良い梅雨時(何故か私は梅雨時~初夏がベストシーズン)また来ますんで、よろしくです~^^
って、自分勝手な挨拶だけでごめんなさい^^;

お久しぶりです、いらっしゃい、yurikoさん。

そうですか、やっと好調な季節の到来ですね。
お待ち申し上げておりました(笑)。花粉の季節も去りましたしね。

やはり、そこそこ体調の良い時じゃないと、音楽って楽いしくない
ですよね。よって、私は、好きなアルバム、好きな曲ほど、
体調の悪い時には、どうしても避けがちになります。

いよいよベストシーズン突入ですか。今年もジャズを楽しんで下さい。
「松和」もブログやHP、なんとか頑張って更新していきますからね〜。
 

あい^^
お陰様で昨晩はずっとケニー・バレル、今朝はケニー・ドーハムとなっております・・・って、何故にケニーばっか?>自分(汗)

yurikoさん、こんばんわ。松和のマスターです。

ケニー・バレルにケニー・ドーハムですか。どちらも良いですね〜。
どちらも、黒くてブルージーで、これぞジャズって感じが溢れていて、
良い感じですね。

そういえば、ジャズ界には、ケニーが付くミュージシャンって多い
ですよね。ケニー・バレル、ケニー・ドーハム、ケニー・ドリュー、
ケニー・カークランド、ケニー・G、ビヴァリー・ケニー、そして
ケニー・クラーク、ケニー・バロン。なんだかケニーだらけです(笑)。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/29898761

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・1:

« やっと敦賀明子の第3弾を聴く | トップページ | やっとリマスター再発じゃ〜・2 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ