« やっとリマスター再発じゃ〜・1 | トップページ | やっと敦賀明子の第3弾を聴く »

2009年5月30日 (土曜日)

ジャズ・ピアノの最高峰

ジャズでも、自分で弾ける楽器がどうしても、プライオリティが高くなる。ピアノとギターとサックス。ギターはフォーク・ギターだから、ジャズのレベルにほど遠い。逆にコンプレックスさえ覚える。そうすると、サックスとピアノが残るが、ピアノは結構、子供の頃に極めた想いがあるので、ピアノが「トップ・プライオリティ」。

ジャズ・ピアノで、ジャズを聴き始めて、まず感じ入ったピアニストが「オスカー・ピーターソン」。とにかく「上手い」。そして、沸き立つような歌心。圧倒的なドライブ感。凄いピアニストがいると思った。クラシックしか知らない当時としては、クラシックが最高だと思っていた。

が、である。オスカー・ピーターソンを初めて聴いていた時は、とにかく「ビックリした」。初めて聴いたピーターソンのアルバムの一枚が『ザ・トリオ(オスカー・ピーターソン・トリオの真髄)』(写真左)。

超絶技巧のめくるめくテクニックと圧倒的なドライブ感、そして、沸き立つようなの歌心。そして、バックのレイ・ブラインのベースと、エド・シグペンのドラムの素晴らしきサポート。「これがジャズか〜」と心から感動した。
 

Peterson_the_trio_2

 
オスカー・ピーターソンは、何故か日本のジャズ評論家の方達からは「上手すぎて面白くない」「スイングの権化」などと揶揄され、ピーターソンのピアノは判りやすいが故に「初心者向け」だとか「素人向け」とか、ピーターソンのピアノが好きだというと、初心者を抜けきれない「ジャズが判らない奴」的ななレッテルを貼られかねない、そんな雰囲気だった。

でも、初めてピーターソンのピアノを聴いた時から、僕は「これは凄いぞ」と感じ入って、それ以来、今までズーッとピーターソンのファンである。ということは、僕は、初心者を抜けきれない「ジャズが判らない奴」である(笑)。

でも、ピーターソンのピアノのピアノに、心底、心から感動することが出来て良かったと思っている。音楽って、良いものは良い、悪いものは悪い、それだけだ。音楽というものは、自分の感じたままを追いかければ良い。自分が良いと思ったものは「良い」。

僕は、ピーターソンの『ザ・トリオ』を聴く度に、振り返って思うのだ。ジャズに関する知識は必要で、ジャズに関する基本的な情報は、ジャズ鑑賞では不可欠だ。でも、評論家の言うことは、参考にすべきではあるが、従う必要は無い。自分が良いと思ったジャズを聴けば良い。

ピーターソンのピアノは、僕にとって、ジャズを聴く上で自信を持たせてくれた。自分の感じる通りに聴き進めれば良い。良いものは良い、悪いものは悪い。そんな簡単なことについて、ピーターソンのピアノは僕に確信を持たせてくれた。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« やっとリマスター再発じゃ〜・1 | トップページ | やっと敦賀明子の第3弾を聴く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・ピアノの最高峰:

« やっとリマスター再発じゃ〜・1 | トップページ | やっと敦賀明子の第3弾を聴く »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー