« 一石二鳥な「お得な」アルバム | トップページ | とても暖かい「バド・パウエル」 »

2009年5月14日 (木曜日)

寛ぎのフュージョンの素晴らしさ

シビアなジャズをシビアに聴く。これって当たり前のことで、ジャズのアルバム全て、ミュージシャン達が、自分の持てる技術の全てを尽くして、演奏している。いい加減にアルバム制作に携わっているミュージシャンなんていない。

そんなアルバム達である。しっかりと対峙して、しっかりと聴く。僕たちはジャズ演奏に関しては素人である。素人がプロの技を批判したり、さげずんだりする資格は無い。どんなジャズ・アルバムにも、絶対に良いところはある。

でも、シビアなジャズをシビアに聴く。これって、流石に、数枚聴くと疲れてくる。疲れてくると、ちょっとリラックスして、ノンビリ聴けるアルバムが欲しくなる。そんなアルバムの一枚。大学時代からの「寛ぎのフュージョン・アルバム」の一枚。

ボブ・ジェームス(Bob James)の『Two』(写真左)である。1974年12月、1975年1月録音。冒頭の「Take Me to the Mardi Gras」からして、もう寛ぎの逸品である。ポール・サイモンのポップな楽曲。これをボブ・ジェームスは、実にポップなフュージョン・ジャズにアレンジしている。僕の私見では、ボール・サイモンのオリジナルより、ボブ・ジェームスのアレンジ版の方がポップで聴きやすく、そして、すこぶる楽しい。
 

Bob_james_two

 
この「Take Me to the Mardi Gras」の存在が大きくて、このアルバムは大学時代早々に購入して以来、相当数、ターンテーブルに載り、カセットデッキにセットされ、カセットテレコから流れ、CDプレイヤーのトレイに載った。ジャズを聴き続けて、ちょっと一服したい時、朝起きて、ちょっとポップな音楽が欲しい時、このボブ・ジェームスの『Two』は最適なアルバムの一枚。

そして、このアルバムのハイライトは、LP時代、B面の1曲目に鎮座ましましていた「Farandole (L'Arlesienne Suite No. 2)」。フランスの作曲家ビゼーの「アルルの女 組曲第2番」をアレンジしたもの。これがまた「良い」。フルートのHubert Laws(ヒューバート・ロウズ)が大活躍。凄いフルート・ソロを聴かせてくれる。これだけでも「聴きもの」である。

この「Farandole」は、純ジャズからすると、きっと「外れている」。でも、このボブ・ジェームスのアレンジのセンスは素晴らしい。広く「音楽」として、十分に優れ、楽しめる逸品だと僕は思う。

そして、全編に渡って思うのが、ボブ・ジェームスのフェンダー・ローズの上手さ。恐らく、フェンダー・ローズを弾かせたら、相当上位にくる上手さだと僕は思う。ツンツンと突くような、チュッチュッとつまむような特徴ある弾き方。フェンダー・ローズの音出しの特性を良く理解した、とても素晴らしいフェンダー・ローズが聴ける。僕は、このセンスあるボブ・ジェームスのフェンダー・ローズが大好きだ。

ボブ・ジェームスの天才的なアレンジと作曲センスが炸裂する『Two』。ジャズとして聴くより、このアルバムは、純粋にフュージョンとして聴くのが正解なアルバムです。前作の『One』よりも、ポップ度が増した『Two』。大学時代からの「寛ぎのフュージョン・アルバム」の一枚である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 一石二鳥な「お得な」アルバム | トップページ | とても暖かい「バド・パウエル」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寛ぎのフュージョンの素晴らしさ:

« 一石二鳥な「お得な」アルバム | トップページ | とても暖かい「バド・パウエル」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー