最近のトラックバック

« とても暖かい「バド・パウエル」 | トップページ | トミー・タレンタインって・・・ »

2009年5月17日 (日曜日)

フェイセズのデビュー・アルバム

我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」にアップすべく、1970年代のロッド・スチュワードのアルバムを順番に聴きまくっている。ロッド・スチュワードといえば、ソロになる前に、幾つかのグループを経由している。

有名どころとしては、第1期ジェフ・ベック・グループ。そして、フェイセズ。フェイセズは、スティーヴ・マリオットがハンブル・パイを結成するためスモール・フェイセズから脱退し、残されたロニー・レーン、イアン・マクレガン、ケニー・ジョーンズの三人にジェフ・ベック・グループからロッド・スチュアート、ロン・ウッドが加わり結成された。

今回は、そのフェイセズを採り上げる。そのフェイセズのファーストアルバムが『First Step』(写真左)。但し本アルバムの初回プレスは、まだSmall Faces名義で、それ以降nジャケットには、Facesの名が掲げられた。だから、正式には、アルバムの初版には「Small Faces」となっている。

さて、このフェイセズのファーストアルバム、後の「酔いどれロックンロール・バンド」と呼ばれた、独特の「ダルで、ラフで、底がタイト」なノリは「まだまだ」だが、その片鱗がところどころ覗くところが、なかなかに味わいがある。しかし、曲によっては、サイケデリックな曲や、アコースティック・ロックの様な、ちょっとフォーキーな味わいの曲もあり、アルバム全体の印象はちょっと散漫。

Faces_first_step_4

そんな中、ロッド・スチュワードのボーカルと、ロン・ウッドのリード・ギターは秀逸で、この2人が軸になっていることには疑いは無い。逆に、もともと、スモール・フェイセズの残された3人の存在はちょっと希薄で、恐らく、このバンドは長続きしないことを暗示している。

それでも、そこはかとなく漂う「ダルで、ラフで、底がタイト」なノリの部分は魅力的。そのノリに乗ったロッドのボーカルは、実に活き活きとしている。しかも、ロッドのボーカルは、相当に「上手い」。そして、ロン・ウッドの個性的なリフ。ちょっと濁った泥臭さの残るロックなリフは、ロン独特のもの。ロッド好みのR&B的なノリも加えて、フェイセズは独特のロックンロール的雰囲気を形作って行く。

アルバム演奏のあちらこちらに、ぎこちない部分が残るファースト・アルバムですが、後の展開を期待させるに十分な内容になっています。ロック界随一と言われる酒量の多いバンドとしても知られ、「酔いどれロックンロールバンド」の片鱗がそこかしこに見られるのが、このアルバムの最大の魅力でしょう。

そして、一聴して感じる「ブリティッシュな」音の雰囲気、音の響き。これが「堪らない」。もしかしたら、このアルバムの最大の魅力は、「ブリティッシュな」音の雰囲気、音の響きなのかもしれない。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 


« とても暖かい「バド・パウエル」 | トップページ | トミー・タレンタインって・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/29656441

この記事へのトラックバック一覧です: フェイセズのデビュー・アルバム:

« とても暖かい「バド・パウエル」 | トップページ | トミー・タレンタインって・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ