最近のトラックバック

« コルトレーンの凄さを聴いた | トップページ | ふふふっ、もうすぐ夏やねえ »

2009年5月 8日 (金曜日)

唄うようにサックスを吹く

昔から決まって、コルトレーンを真剣に聴くと、その反動だろうか、決まって、歌心溢れるサックスが聴きたくなる。僕にとって、歌心溢れるサックスの最右翼は「デクスター・ゴードン」である。愛称デックス。デックスの歌心溢れるサックスは、僕の心の友である。

『Go』(写真左)を聴く。ブルーノートの4112番。1962年8月27日の録音。ちなみに、パーソネルは、Dexter Gordon (ts) Sonny Clark (p) Butch Warren (b) Billy Higgins (ds) 。ピアノには、これまたお気に入りのソニー・クラークである。

冒頭の「Cheese Cake」の哀愁溢れ、インプロビゼーションの疾走感。デックスのテクニックは素晴らしい。でも、そのテクニックを遙かに凌駕するデックスの歌心溢れるサックス。デックスのこの演奏を聴く度に、ジャズはテクニックだけでは駄目なんだ、ということを強く感じる。といって、歌心だけでは駄目なんだなあ、これが。いやはや、ジャズって難しい。

でも、デックスのこの『Go』を聴くと、理屈では無く、耳でそれを強く感じる。歌心を支える確かなテクニック。確かなテクニックに裏打ちされた歌心。音楽って、音を楽しむ、って書く。やっぱり、テクニックだけでは「音楽」にはならない。歌心だけでは「説得力に欠ける」。
 

Dexter_gordon_go

 
この『Go』に収録されているどの曲もどの曲も、デックスの独壇場である。歌心溢れるサックス全開である。とりわけ、まずは「Cheese Cake」は素晴らしい。哀愁溢れる、判りやすい旋律。若い時は、こんなに判りやすいって、なんだか俗っぽくていけない、なんて思ったこともある。でも、それは若さ故のこと。今では、そんなことは、これっぽっちも思わない。この「Cheese Cake」は絶品。

そして、唄うようにサックスを吹く、を本当に心から感じる曲。それがラストの「Three O'Clock In The Morning」。キンコンカンコンというチャイムをもじったソニー・クラークのピアノの音から始まる、ミッド・テンポの魅力的な曲。デックスが本当に、本当に唄うようにサックスを吹き上げていくのだ。この曲を聴いていると、いつでも、心から幸福感が湧き上がってくる。う〜ん、ええなあ、ええなあ。

この『Go』というアルバム。ジャズ者の皆さん、ジャズ初心者の皆さん、多くの人達に聴いて貰いたい名盤です。確かに歴史的名盤とは違うかもしれない。でも、ジャズの良さを感じることのできる格好の一枚だと思います。というか、松和のマスターである私が考えるジャズの理想形のひとつが「このアルバムにある」と思っています。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« コルトレーンの凄さを聴いた | トップページ | ふふふっ、もうすぐ夏やねえ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/29510831

この記事へのトラックバック一覧です: 唄うようにサックスを吹く:

« コルトレーンの凄さを聴いた | トップページ | ふふふっ、もうすぐ夏やねえ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ