最近のトラックバック

« ナベサダさんの武道館ライブ | トップページ | Facesの『Long Player』 »

2009年5月27日 (水曜日)

正統派「洒落た70年代フラナガン」

ジャズのアルバム・コレクターをやっていると、時々「あれ、これって良いんじゃない」と思うアルバムに出くわすことがある。そんなアルバムって、必ず、今までほとんど見たことも聴いたこともないアルバムである。しかも、かなり有名なジャズ・ミュージシャンがリーダーを張っていたりする。

今回出くわしたのが、Tommy Flanagan(トミー・フラナガン)の『Tommy Flanagan Plays the Music of Harold Arlen』(写真左)。Tommy Flanaganが、ベースの名手George Mraz、ドラムのConnie Kayと組んだ「Harold Arlen集」。

全編に渡って、フラナガンのピアノが一番活きるフォーマットであるピアノ・トリオ中心の構成が、とにかく「良い」。ラストの1曲のみヘレン・メリルがボーカルでゲストで参加。これがまた、伴奏のフラナガンの真髄に触れることが出来て「良い」。選曲はタイトル通り、Harold Arlenの表スタンダード曲、隠れスタンダード曲がズラリと9曲。選曲からして「洒落ている」。

1950〜60年代、ピアノの名手の一人でありながら、なぜがリーダー作に恵まれず、脇役の名手、脇役名盤請負人などと変なレッテルを貼られていた。しかし、1970年代後半から、enjaレーベル中心にリーダー作をコンスタントにリリースすることになる。この『Tommy Flanagan Plays the Music of Harold Arlen』も1978年の作品。

ピアノ・トリオの美味しいところが「てんこ盛り」。燻銀とはまさに、このアルバムのフラナガンのピアノのことを言うんだろう。ドライブ感溢れる割に出しゃばらず、じっくりと聴かせるピアノはどれも絶品の極みである。
 

Tfranagan_plays_harold_arlen_2

 
そのフラナガンの洒落て小粋でドライブ感溢れるバップ・ピアノはもとより、ムラーツのベースは重戦車のようにブンブン鳴り響き、ドラムのケイは丁々発止と職人芸的ドラミングを次々に叩き出す。収録されたどの曲もどの曲も、とにかくジャズ・ピアノ・トリオの美味しいところが「てんこ盛り」。これぞ、ジャズ・ピアノ・トリオのひとつ、と言って良い洒脱な演奏。

こんなアルバムがあるなんて知らなかった。このレコードの原盤は今はなき「トリオ・レコード」であるらしい。確かに「トリオ・レコード」って良いアルバム、結構、出していたっけ。今になって、こんな形で再会できるなんて。しかし、他の「トリオ・レコード」が出していたアルバムってどうなったんだろう。まとめて再発をして欲しいなあ。

世間ではフラナガンのベストと言うと『OVERSEAS』を挙げることがほとんどだが、僕はそうは思わない。トミフラのベストは、『ECLYPSO』やこのアルバムのようにベースにGEORGE MRAZを迎えたアルバムにあると思っている。ここでもMRAZとの相性は抜群である。ドラムのケイとの相性も、少なくとも『OVERSEAS』のエルビン・ジョーンズよりは良い。ケイのドラミングの方が、上手くフラナガンのピアノを浮き出させているのが良く判る。素晴らしい職人技。

冒頭の「BETWEEN THE DEVIL AND THE DEEP BLUE SEA」で、もう耳はこのアルバムの虜。後は「推して知るべし」。良いアルバムです。最後の1曲に、「ニューヨークの溜息」ヘレン・メリルがボーカルとして参加しているのも嬉しいですね。「伴奏のフラナガン」の真髄がじっくりと聴けます。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« ナベサダさんの武道館ライブ | トップページ | Facesの『Long Player』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/29826145

この記事へのトラックバック一覧です: 正統派「洒落た70年代フラナガン」:

« ナベサダさんの武道館ライブ | トップページ | Facesの『Long Player』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ