最近のトラックバック

« SAKURA STAMP | トップページ | 心地良い、聞き流しのジャズ »

2009年4月 6日 (月曜日)

これもジャズ、楽しいジャズ

月曜日の仕事は、なんだか疲れるなあ。とことん疲れる前に適度に仕事を終えて、早々に帰るに限る。仕事の一週間は5日ある。明日から上げていけば良い。

ちょっと疲れた頭には、ハードなジャズは合わない。ちょっとポップな聴きやすいジャズが良い。そんな時に時々引き出してくるのが、イージーリスニングなジャズ。それも、とびきりポップなもの。硬派なジャズ者の方から見ると「おいおい、松和のマスター・・・」と眉をひそめてしまいそうなやつ。

時々引き出してくるイージーリスニングなジャズの一枚が、Herbie Mann(ハービー・マン)の『Reggae』(写真左)。Herbie Mannは、フルート・ジャズのエキスパート。1974年の録音。当時、米国で流行し始めたレゲエを全面的に導入したジャズ・アルバム。

1974年と言えば、三大ロック・ギタリストの一人、エリック・クラプトンが、レゲエのヒーロー、ボブ・マーリーの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」をカバーして、全米ヒットチャート一位を達成した年。なんとタイムリーな、というか、なんと商魂逞しいハービー・マンであろうか(笑)。

Herbie_mann_reggae

収録曲は4曲。どれも実にポップな曲がズラリと並ぶ。冒頭の「Ob-La-Di, Ob-La-Da」なんて、これをレゲエのビートでやるのか〜、なんて思ってしまう。が、これが、なかなか楽しい演奏。さすがにジャズ・メン。ビートについてはお手のもの。実に端正でリズミックな「レゲエのビート」を供給する。

その見事な「レゲエのビート」に乗せて、ファンキーなハービー・マンのフルートが軽やかに飛び回る。実に俗っぽい演奏なんだけど、底にジャズのテイストがそこはかとなく感じられて、とことんまで俗っぽくならず、なかなか楽しいイージーリスニングなジャズとなっているところが心憎い。

やっぱり、ジャズ・メンって、どんなビート、どんな曲のカバーをやっても、ジャズのテイストが底に必ずあるんだなあ、と感心することしきり。ラストの「My Girl」なんて、もとはR&Bの定番だけど、レゲエのビートに乗って、ファンキーに吹き上げるハービー・マンのフルートって、やっぱりジャズなんだよなあ。

1974年当時、ハービー・マンは、ジャズとはかけ離れた、ラテン調やディスコ風の音楽を多く録音している。でも、その底にジャズをそこはかとなく感じることが出来て、なかなか楽しむことが出来る。これもジャズ、楽しいジャズ。時には、こんなウキウキ楽しい、俗っぽいジャズも良いのではないでしょうか。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« SAKURA STAMP | トップページ | 心地良い、聞き流しのジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/28994138

この記事へのトラックバック一覧です: これもジャズ、楽しいジャズ:

« SAKURA STAMP | トップページ | 心地良い、聞き流しのジャズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ