最近のトラックバック

« ジャコのビックバンド、もう一丁 | トップページ | 雨の一日、職人芸を楽しむ »

2009年4月24日 (金曜日)

こだわり無く、ノンビリ聴く

長年、ジャズを趣味にしていると、いろいろと組織だって、あるミュージシャンを集中して聴いたり、あるテーマを基に、アルバムを聴きこんだりするんだが、そんな聴き方を続けていると疲れてくる。時々は、聴きたいアルバムを抜き出して、頭の中を空っぽにして、こだわり無く、ノンビリとジャズを聴く。

今日は、Jackie McLean『The Meeting』(写真左)。アルト・サックス奏者のジャキー・マクリーンと渡欧中のテナー・サックス奏者、デクスター・ゴードンとの唯一の共演ライヴ盤。1973年7月20日、デンマークはコペンハーゲン、ジャズハウス「モンマルトル」でのライブ録音。2枚に分散収録されたアルバムの1枚目。

ちなみにパーソネルは、Jackie McLean (as), Dexter Gordon (ts), Kenny Drew (p), Niels-Henning Orsted Pedersen (b), Alex Riel (ds)。う〜ん、なかなかの布陣である。

マクリーンのアルトは、一聴して直ぐに判る。丸く真っ直ぐな音なんだが、音程が少し外れて、ちょっとテンポがずれている感じが「ジャキー・マクリーン」である。クラシックの世界だと絶対に落第点だろうな。でも、ジャズの世界では、これが個性として輝くから面白い。
 

Jackie_m_the_meeting

 
どの曲もメンバーは皆、絶好調である。このアルバムの実質上のリーダーは、マクリーンであるが、実際はデクスターと双頭アルバムである。マクリーンも絶好調だが、デクスターも絶好調。ミディアム・テンポの軽快な曲、3曲目の「Rue de La Harpe」では、マクリーンのアルト・ソロから始まるが、マクリーンとデクスターが徐々に互いに触発しあって、ヒート・アップしていく様が実に良い。ジャズを感じる瞬間である。

さすが、名手マクリーンとデックス。バラードも素晴らしい。5曲目「Sunset」はバラード。始まりはマクリーンとデックスのユニゾンによるテーマ。広がりのある展開、美しいバラード演奏。歌うように、慈しむように歌い上げていく、マクリーンのアルトとデックスのテナー。

ニールス・ヘニングのベースが絶好調。超絶技巧のベースソロが堪能できる。ドリューのピアノも地味ではあるが、確実なサポート。リールのドラムスは、ちょいと叩きすぎの感があるが、フロントの二人に、これだけ煽られては、もう叩きまくるしかないよな(笑)。

ジャズの紹介本には、あまり採り上げられませんが、いいライブ・アルバムです。アーティスティックに洗練されているとは言えませんが、ジャズ独特の熱気溢れる、音の塊のような演奏は、やはり堪えられませんなあ。やっぱりジャズって良いですね〜。

こだわり無く、ノンビリ聴く。そんなジャズ鑑賞も心地良い。マクリーンの技とデックスの歌心に「舌鼓」ならぬ「耳鼓」(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ジャコのビックバンド、もう一丁 | トップページ | 雨の一日、職人芸を楽しむ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/29270663

この記事へのトラックバック一覧です: こだわり無く、ノンビリ聴く:

« ジャコのビックバンド、もう一丁 | トップページ | 雨の一日、職人芸を楽しむ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ