最近のトラックバック

« これは爽快、これは名盤 | トップページ | モンクを体験するには・・・ »

2009年4月12日 (日曜日)

遠い昔に感じた爽やかな風

最近、70年代Jポップのバンドの再結成の情報が、ちらほら入ってくる。70年代Jポップといえば、「ニューミュージック」と呼ばれたジャンルが、一番面白い。

この「ニューミュージック」というジャンルの音楽は、振り返れば、その内容は「玉石混交」としたものだった、と思うが、優れたものも沢山あった。音楽としては、供給する側も供給される側も、どちらにとっても、実に幸せな時代だったと思う。

この「ニューミュージック」の時代、僕はリアルタイムで大学生。決して裕福でなく、どちらかと言えば、貧乏学生の部類だったが、その頃、仲間と聴いていた音楽は、結構、お洒落でハイソだった。そう言えば、洋楽はAORとパンクが交錯する時代。僕たちは圧倒的にAOR派だった(当時、どうもパンクは胡散臭くてねえ)。

「ニューミュージック」と呼ばれたジャンルの音楽の選定にも念が入っていた。とにかく、皆が聴くものは、極力、人前では聴かない(「極力」です、「人前では」です・笑)。日本人が演奏する、いわゆる「ポップス」の香りがする、演奏テクニックも素晴らしい、マニア好みの、知る人ぞ知るアルバムを見つけてきては、仲間に自慢しながら、皆で感じ入りつつ、珈琲を飲みながら聴き入るのだ。

そんな、知る人ぞ知るアルバムの中に、ブレッド&バターの『マンデイ・モーニング』があった。これは聴いたなあ。『HOLD ON』『マンデイ・モーニング』『クルージング・オン』『マリエ』等々、聴いているだけで、湘南の海が目の前に浮かんでくるような音。これぞ「湘南サウンド」と呼べる、爽やかな風の様なアルバムでした。

Bread_butter_shonan_boys

そして、長年の時を経て、2005年10月、そのブレッド&バターの新作が登場しました。題して『SHONAN BOYS for young and young-at-heart』(写真左)。かのブレッド&バターのセルフ・カヴァー・アルバム。ジャケットを見て、これは、と思った。ジャケットを通して、遠い昔に感じた「爽やかな風」が吹き抜けたような気がした。

一発録りに近い手法で録音されたのであろう、スタジオ・ライブのような音。弾き語りを基本にした、アコースティックの雰囲気を活かしたアレンジで、ちょっとジャジーな雰囲気も漂う、小粋なアルバムです。2本のアコースティック・ギターの音が生々しく、エレピの音が効果的に響きます。う〜ん、エエなあ。あの頃の、遠い昔に感じた「爽やかな風」を感じます。

といって、セルフ・カヴァー集でありながら、ノスタルジックに攻めないところに、現役のミュージシャンであるブレッド&バターの心意気を感じます。

アレンジは70年代風でありながら、最新のトレンドも要所要所に配した、心憎いアレンジとプロデュース。お二人とも、重ねる年輪に伴い、声に味が出てきたのではないでしょうか。実に小粋で玄人好みのサウンド。聴きやすく、それでいてテクニック抜群の演奏。良いアルバムです。

そう言えば、学生時代、フォーク・デュオを組んでいたが、このブレッド&バターみたいなデュオをやってみたかったんだよな〜。そんな遠い昔のことを思い出した。癒しの名盤として、70年代Jポップ・ファンの方々に「お勧め」です。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« これは爽快、これは名盤 | トップページ | モンクを体験するには・・・ »

コメント

お久しぶりです、マスター(^^)

最近、突然娘と二人でサイモンとガーファンクルを
歌いたくなっております。
デュオってのは、やっぱりいいですね☆
誰かギター弾いて下さい(--;;;;

おお、お久しぶり〜、ひとみちゃん。松和のマスターです。

うんうん、デュオは良い。特にフォーキーなデュオは良い。
で、S&Gですか。良いですね〜。ギター、ローコードの楽譜、
なんとか取り寄せて練習しておきます。

ポール・サイモンのギターって、コードがちょっとユニーク
なんですよね。とてもじゃないけど、ハイコードで、あれだけ
弾きこなすのは大変なので、ローコードで、昔からやっています。

S&Gの曲って、アメリカン・ルーツ・ミュージックをベースに
した曲が多くあって、ゴスペルチックにアレンジできるものも
多々あります。歌っていると、結構はまります。
 


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/29086493

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い昔に感じた爽やかな風:

« これは爽快、これは名盤 | トップページ | モンクを体験するには・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ