« Di Meolaよ、やり過ぎは良くない | トップページ | ジャコの傑作ライブ・アルバム »

2009年4月20日 (月曜日)

米国ルーツ・ミュージックって

学生時代から、ふ〜ん、そうなんだ、と思ってしまうアルバムがある。悪い意味じゃ無い。でも、皆が皆、そうだそうだ、っていうと、なんとなく、それは違うんやないか、と思ってしまうものってあるよな。

Dr. Johnの『Dr. John's Gumbo』(写真左)。1972年のリリース。Dr.Johnといえばニューオリンズ、ニューオリンズといえば『Gumbo』というわけで、ニューオリンズ・サウンドのエッセンスが、ギュッと詰まったアルバム。

日本では、誰もが皆、このアルバムを「サザン・ロック」の代表的名盤とする。「サザン・ロック」を理解するには、この『Gumbo』を聴けば判る、とまで言い切る評論家もいる。でも、今の耳で聴くと、「サザン・ロック」とは、う〜ん、ちと違う。どちらかと言えば、アメリカン・ルーツ・ミュージックの良きサンプル、良きアルバムとは言える。

でも、僕はこのDr. Johnの『Dr. John's Gumbo』は大好きです。大学時代は本当に良く聴いた。とにかく渋い。ブルースから、カントリー、ゴスペル、ディキシーランド・ジャズ等々、アメリカン・ルーツ・ミュージックの様々なエッセンスを上手くミックスして、実に個性溢れる音に仕上げている。
 

Gumbo

 
ちなみに、1970年代、日本のロックの粋なミュージシャン達って、この辺の音をパクッているなあ、って良く判る。サザン・オールスターズの初期の頃って「モロ」だよな〜(笑)。当時は、なんて渋くて粋なロック・バンドなんだろう、って無邪気に感心していたんですが・・・。でも、パクリながも、自分たちの音になんとか仕立てようとしていたところって、やはり実力があったんやなあ、と感心もしたりする。

Dr. Johnの『Dr. John's Gumbo』を、サザン・ロックの代表的名盤、サザン・ロックの雰囲気はこのアルバムで判る、とするのは、今でもどうかと思う。しかし、アメリカン・ルーツ・ミュージックとはいかなるものか、アメリカン・ルーツ・ロックとはいかなるものか、という実に良きサンプルの一枚ではある。

アメリカン・ルーツ・ミュージックを南部志向にして、ニューオリンズを望めば、この『Gumbo』の音。サザン・ロックは、この南部志向のアメリカン・ルーツ・ミュージックを、当時流行のハード・ロックというトレンドでアレンジした、洗練された、シャープでダイナミックなロックのことを言うんだと思う。

憧れのアメリカン・ルーツ・ミュージック。アメリカン・ルーツ・ミュージックを聴いていれば、心安らぎ、心楽しく、そして、哀愁も感じることができる。ジャズもアメリカン・ルーツ・ミュージックのひとつ。アメリカン・ルーツ・ミュージックは、奥が深く、実に複雑で面白い。

Dr. Johnの『Dr. John's Gumbo』。実に良いアルバムです。アメリカン・ルーツ・ミュージックをロックとして感じるには格好のアルバムだと思います。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« Di Meolaよ、やり過ぎは良くない | トップページ | ジャコの傑作ライブ・アルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国ルーツ・ミュージックって:

« Di Meolaよ、やり過ぎは良くない | トップページ | ジャコの傑作ライブ・アルバム »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー