« 音楽喫茶『松和』の更新です! | トップページ | 米国ルーツ・ミュージックって »

2009年4月19日 (日曜日)

Di Meolaよ、やり過ぎは良くない

過ぎたるは及ばざるが如し、という言葉がある。「物事には程度というものがあり、その程度を過ぎると、 かえって不足するのと同じようによくないことになる」の意。音楽の世界だって同様な事があり得る。

Al Di Meola(アル・ディ・メオラ)の『Splendido Hotel』(写真左)を聴く度に、その諺を思い出す。「過ぎたるは及ばざるが如し」。まさに、この『Splendido Hotel』については、この諺通りの印象。

スパニッシュな音、ラテンな音、そして、アラビア風の神秘的なメロディー有。音のバリエーションは多彩。そして、ギターについては、定番の高度なテクニックを軸に、ヴォーカル入りの曲やピアノとのデュオなどさまざまなナンバーを収録。う〜ん、バラエティが広がりすぎて焦点が絞れない。

国籍不明、ジャンル不明なポップなギター・インストの、3曲目「Roller Jubilee」や9曲目「Spanish Eyes」を初めて聴いた時は、高中正義かと思った(笑)。 リーダー作第4作目なんだが、先の3作には、アルバムの底に「ジャズ」が見え隠れしていたんだが、この『Splendido Hotel』には、その底にある「ジャズ」の雰囲気が希薄。う〜ん、やっぱり、やり過ぎは良くないぞ、ディ・メオラ。
 

Splendido_hotel

 
特に、ヴォーカル入りの8曲目「I Can Tell」は、絶対にやり過ぎである。定番の高度なギターテクニックを軸に、スパニッシュな音を隠し味にした「フュージョン・ジャズ」が売りのディ・メオラ。そのディ・メオラがボーカル入りのギター・インストに手を染めたら、それこそ、単なるギター・インストのイージーリスニングになってしまうではないか。

「過ぎたるは及ばざるが如し」。ディ・メオラよ、やり過ぎは良くない(笑)。今でも、このアルバムを聴くと、ちょっと赤面ものである。そう言えば、この『Splendido Hotel』は1980年のリリース。1980年辺りと言えば、フュージョン・ジャズの全盛期が過ぎて、フュージョン・ジャズ自体が迷走を始めた時期である。

そんな時代背景もあるのかなあ。とにかく、この『Splendido Hotel』は、その内容がバラエティに富みすぎていて、ちょっと焦点がぼけた、ミュージシャンとしての主張が希薄な作品になっているのが、実に惜しいアルバムです。前作に増して、ディ・メオラのテクニックに、更に磨きがかかっているだけに、ですね。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 音楽喫茶『松和』の更新です! | トップページ | 米国ルーツ・ミュージックって »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Di Meolaよ、やり過ぎは良くない:

« 音楽喫茶『松和』の更新です! | トップページ | 米国ルーツ・ミュージックって »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー