最近のトラックバック

« キースの最新作を聴く | トップページ | 呆れるほどの「超絶技巧」 »

2009年3月16日 (月曜日)

狸's Night Out

ジャズのアルバムを聴いていると、時々、ドキッとするくらい素晴らしい演奏に出会うことがある。それが、アルバムに収録されている曲が全て素晴らしいとなると、それはもう至福の時を味わうことになる。まあ、それがジャズ鑑賞の、ジャズ盤のコレクションの醍醐味ではあるんだが・・・。

最近、「これは凄い、これは素晴らしい」と感動したアルバムがある。ルー・タバキンの『狸's Night Out』(写真左)である。2001年11月17日、岐阜県、笠松町、スタジオ「F」で録音されたルー・タバキンのトリオ作品。パーソネルは、Lew Tabackin (fl, ts), Boris Kozlov (b), Mark Taylor (ds) 。

『狸's Night Out』、面白いアルバム・タイトルだなあ、と思って購入して、聴いてみてビックリ。凄い。ルー・タバキンのフルートは尺八のように太く幽玄、かつスピリチュアル。しかも、テナー・サックスのブロウは、ロリンズ直系と言っていい、太くて、低音から高音まで幅広い音階を駆使して、大らか、かつスピード感溢れる、雄大なスケールが聴きもの。

Toshiko Akiyoshi - Lew Tabackin Big Bandの、1980年リリース、偉大なるベース奏者チャールス・ミンガスに捧げられた『Farewell』に収録されている「Autumn Sea(秋の海)」と、1978年にディスコメイト・レーベルからリリースされた、フルート演奏で固めたルー・タバキンのソロ・アルバム『Rites of Pan(邦題:牧羊師の祭典)』で、ルー・タバキンのフルートの凄さは体験済み。

Tanukis_night_out

特に、両方のアルバムに収録された「Autumn Sea(秋の海)」は、邦楽の「春の海」のモチーフが元になった曲で、ルー・タバキンの身の毛がよだつような入魂のフルート・ソロが圧巻。

とにかく、この『狸's Night Out』での、ルー・タバキンのフルートは凄い。その至芸は、1曲目「Wise One」、2曲目「Tanuki's Night Out」、4曲目「Dancing Maja」で聴くことができる。それはそれは、エモーショナルなフルート。幽玄かつ切れ込む様な鋭さ、丸く迫るような音圧。尺八の様な、というのは簡単だが、ルー・タバキンのフルートは、そんな一言で済むような単純なものでは無い。

4曲目は、フラメンコ・タッチな3拍子曲。 ドラマーはカスタネットに徹し、 ベースはフラメンコ風にパーカッシヴで、アルコ弾きも取り混ぜ、バックを支える。 ここでのルー・タバキンのフルートは実にスパニッシュ。これだけ、フルートに様々な音楽の要素を反映できるテクニックの持ち主って、他にいるだろうか。

バックのBoris Kozlov (b), Mark Taylor (ds)も実に良い。ベースはブンブン唸りを上げ、図太いビートを供給し、ドラムも純ジャズよろしく、硬軟自在のドラミングで見事という他に無し。メインストリーム・ジャズここにあり、と言わんばかりの、素晴らしい演奏のオンパレード。

ルー・タバキン、テナーも素晴らしいが、フルートは更に素晴らしい。1978年にリリースされた、ルー・タバキンが、全編フルートを吹きまくっている『Rites of Pan』、誰でも良い。是非ともCD化してくれないだろうか(LPで手に入れておくんだった・・・後悔)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« キースの最新作を聴く | トップページ | 呆れるほどの「超絶技巧」 »

コメント

初めまして。

>1978年にリリースされた、ルー・タバキンが、全編フルートを吹きまくっている『Rites of Pan』、誰でも良い。是非ともCD化してくれないだろうか(LPで手に入れておくんだった・・・後悔)。

「牧羊師の祭典」はこの7月にInner CityからCD化されましたが、日本に入ってきた様子はなく、1ヶ月も経たないうちにアメリカのAmazonでも在庫切れ。オーダーはまだ受け付けているようです。

http://www.amazon.com/gp/product/B002FWD544/

私もジャズ・フルートの最高傑作としてCD化を待ち望んでいた1人です。Amazonの在庫の最後の1枚をGetでき、首を長くして到着を待っているところです。

初めまして、hyper_resonanceさん。松和のマスターです。
 
さっそく、米国amazonを覗いてみました。おお、仰るとおり、『Rites of Pan』が
再発されているではありませんか。情報、ありがとうございます。わたしもこの
名盤をゲットすべく努力したいと思います。

いやいや、本当に貴重な情報ありがとうございました m(_ _)m。
 
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/28648737

この記事へのトラックバック一覧です: 狸's Night Out:

« キースの最新作を聴く | トップページ | 呆れるほどの「超絶技巧」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ