最近のトラックバック

« Crusaders の傑作中の傑作 | トップページ | 感心・感動するばかり »

2009年3月24日 (火曜日)

ペトルチアーニの「音の礎」

WBC決勝戦、やりましたね「連覇」、侍ジャパン。会社でも食堂で「わ〜っ」、喫煙室ではワンセグ見ながら「わ〜っ」。仕事中、ネットで途中経過を見て「わ〜っ」。おいおい、日本の若手ビジネス男女って、こんなに野球好きだったっけ(笑)。でも、まあ、今日は良いですよね。日本代表の決勝戦ですからね〜。野暮は言わない(笑)。

さて、Michel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ・以下略して「ペト」)のアルバムを聴き返している訳だが、今日は『Pianism』(写真左)を堪能する。1985年の作品。ブルーノートからの第1弾。パーソネルは、Michel Petrucciani (p), Palle Danielsson(b), Eliot Zigmund(ds) 。

冒頭の「Prayer」を聴いてニンマリとする。明らかに、ビル・エバンスの影響が見て取れるが、聴き進めて行くと、エバンスと比べて、音の重ね方がシンプル、音の選び方がメジャー寄り、タッチは強く、指回しの速度は圧倒的に速い。最後まで聴くと、これはビル・エバンスではない、と確信する。が、じゃあ誰なんだ、と問われると、ちょっと戸惑うかも知れない。

Pianism

2曲目の「Our Tune」を聴くと、ああ「ペト」ね。と絶対に判る。こんなカリプソな曲を真面目なタッチとアプローチで、しかも、楽しく弾き進める、硬派なピアノは「ペト」ならではである。そして、3曲目の「Face's Face」になると、実にハードで迫力のある「が〜ん、ご〜ん」という左手と、透明感はあるが、独特な硬派なタッチで旋律を奏でる右手。ここまでくると、完全に「ペト」の個性があふれ出てくる。

4曲目「Night and Day」、5曲目「Here's That Rainy Day」と「ペト」独特のタッチとアプローチで、どんどん盛り上がっていって、そしてラストの6曲目「Regina」は、もう早弾きの超絶技巧の世界と硬軟自在、変幻自在の「めくるめく」ペトの世界。ラストの「Regina」こそが、「正統派かつ硬派な」ペトの個性。

アルバム全体の仕上がりとしては、ちょっと地味で渋い「玄人好み」のアルバムなので、ジャズ中級者向け、それもジャズ・ピアノが好きな人じゃないと、このアルバムの持つ「上質の渋さ」に気が付くのに、ちょっと時間がかかるかも。ジャズ初心者の方には、スタンダードの演奏が多い前作の『Live at the Village Vanguard』(2月24日のブログ参照)の方が、取っつきやすくて良いと思います。

でも、ペトを愛でるには、この『Pianism』は外せない。このアルバムには、ペトの「音の礎」がある。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« Crusaders の傑作中の傑作 | トップページ | 感心・感動するばかり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/28786237

この記事へのトラックバック一覧です: ペトルチアーニの「音の礎」:

« Crusaders の傑作中の傑作 | トップページ | 感心・感動するばかり »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ