« 「ピアノ商人」とは彼のこと | トップページ | ラロ・シフリンって知ってる? »

2009年3月 7日 (土曜日)

久々の女性ボーカル期待株

ジャズ・ボーカルは得意な方では無い。といって、アルバム・コレクションの方のことで、ジャズ・ボーカルの良し悪しについては、ちょっとは判っているつもり。

それでも、どうしても最近のボーカリストのアルバムには触手が伸びない。特に、日本のマーケットにおいては、ジャズ・ボーカルのアルバムが乱発され過ぎだと僕は思う。毎月、何人かのボーカルの新人、それも女性ばかりが出てきては、ファースト・アルバムをリリースする。

後が続かない人がほとんどなのだが、きっと、レコード会社的には、このファースト・アルバムだけでも、それなりの利益を享受できるのだろうな。それでないと、この新人女性ボーカリストのファースト・アルバムの乱発は理解できない。

しかしながら、海の向こう米国では、この21世紀に入ってから、ニュータイプのジャズ系ボーカリストが出てきて(こちらも女性が大勢を占めるのだが)、なかなかに楽しませてくれる。特に、ブルーノートからデビューした、ノラ・ジョーンズは痛快だった。2002年にリリースされた『Come Away With Me』は絶品だった。ちなみに、以降、彼女は今でも最前線で活躍中である。
 

Nina_vidal

 
そのノラ・ジョーンズの『Come Away With Me』に匹敵する女性ボーカル・アルバムがリリースされている。Nina Vidal(ニーナ・ヴィダル)の『Nina Vidal』(写真左)である。

Nina Vidalとは・・・。NY出身。7歳の頃からピアノのレッスンを受け、10代前半から詩を書き始める。NYUにて音楽を専攻し、マンハッタン内の名門クラブで精力的にライヴ活動を始める。2005年、シングル『Do It Again』でデビュー、とある。昨年、この『Nina Vidal』をリリース。実は彼女、本名がニーナ・シモン・ヴィダル(彼女のお母さんの命名だそうですが)。ジャズ・ボーカルのファンなら、思わずニンマリしてしまいますね。

この『Nina Vidal』ってアルバム、良い雰囲気です。まず、Nina Vidalのボーカルが良い。知的な感じのする、透明感のあるハイトーン・ボイスが印象的で、とにかく歌唱力が抜群。実に上手い。そして、音全体の雰囲気は、ジャズ、ソウル、ポップスをシームレスにミックスしたハイ・クオリティな極上ポップスです。聴きやすいけど甘くない。しっかり芯の通った伴奏がバックに控えています。

僕がよくネットで徘徊するiTunes Store でも大人気。久しぶりに、ノラ・ジョーンズ以来、僕にとっての「女性ボーカル期待株」の出現です。純ジャズ鑑賞の合間合間に、はい、もうヘビー・ローテーションです(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「ピアノ商人」とは彼のこと | トップページ | ラロ・シフリンって知ってる? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の女性ボーカル期待株:

« 「ピアノ商人」とは彼のこと | トップページ | ラロ・シフリンって知ってる? »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー