« なんて「お洒落」な演奏だろう | トップページ | 時代先端のハードバップを聴く »

2009年3月28日 (土曜日)

地味だけど密やかな愛聴盤

3月の終わりから4月の始めというのは、会社では年度の変わり目。異動があったり、新入社員は入ってきたり、いろいろと人の動きがある季節。当然、歓送迎会の類が多くなる。昨日も送別会。夜遅くまで皆で飲んで、今朝はちょっと二日酔い気味。

さすがに二日酔い気味となると、ハードな音楽は聴けない。二日酔いの頭痛に響くハードな音楽はいけない。といって、あまり優しい音楽だと、二日酔いの頭がボーッとしたままで、これも良くない。適度にメリハリがあって、爽やかでリズミカルで、それでいて、頭痛に響かない、当たりが優しい音楽が良い。

そういうことから、二日酔い気味の状態の時、良く聴く音楽は、ウェストコースト・ロック。それも、女性ボーカル系が良い。二日酔いの頭で、良く引っ張り出すアルバムが『Karla Bonoff』(写真左)。本作はデビュー作でありながら『Restless Nights(邦題:ささやく夜)』に匹敵する名作。

アルバム全体のアレンジが地味というか、シンプルで、ちょっとメリハリに欠ける嫌いがあって、大ヒットしたセカンド・アルバム『Restless Nights(邦題:ささやく夜)』と比べるとちょっと分が悪いけど、実はこのシンプルなアレンジが気に入っている。
 

Karla_bonoff_first

 
シンプルでありながら、ウェストコースト・ロック独特のアレンジはしっかりと施されていて、冒頭の「Someone to Lay Down Beside Me」から、ラストの「Rose in My Garden」まで、どこから聴いても、ウェストコースト・ロックの雰囲気が味わえる。特に、4曲目「Home」のスチール・ギターの音色なんて、もろにウエストコーストしていて、実に心地良い。

カーラ・ボノフのボーカルは申し分無く、力強さを奥に秘めながらも、聴き心地は「優しくて心地良い」。ファースト・アルバムということもあって、初々しさが感じられるところが、これまたグッとくるところである。清楚な声で切々と歌い上げるカーラ・ボノフは実に優しい。

名曲がズラリと並ぶ『Karla Bonoff』。ちょっとアレンジが地味なので、損をしているファースト・アルバムですが、ウエストコースト・ロックの雰囲気が強く感じられて、良いアルバムだと思います。「地味だけど密やかな愛聴盤」といったところでしょうか。癒されます。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« なんて「お洒落」な演奏だろう | トップページ | 時代先端のハードバップを聴く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地味だけど密やかな愛聴盤:

« なんて「お洒落」な演奏だろう | トップページ | 時代先端のハードバップを聴く »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー