最近のトラックバック

« Jeff Beckの70年代の傑作 | トップページ | 狸's Night Out »

2009年3月15日 (日曜日)

キースの最新作を聴く

このブログの記事数が1,000となった。ということは、1,000回目のブログ記事ということですね。2006年4月2日から始まったこのブログ、

いや〜、約3年で、1,000記事到達です。バーチャル音楽喫茶『松和』の常連の皆さん、ありがとうございます。さて、1,000回目のブログ記事とはいえ、特別なことは書かずに、普段どおりの音楽の話題を。

キース・ジャレットの最新作が、2009年1月にリリースされている。タイトルは『Yesterdays』(写真左)。トリオとしてはキースの難病から復帰後、初の日本ツアー、2001年4月30日の東京文化会館でのトリオでのコンサートのライブ盤。1曲のみ同年4月24日の渋谷オーチャードホールでのサウンドチェック時の演奏。

実は、この時の日本ツアーでの演奏は既に2枚組アルバム『Always Let Me Go』で発表済み。『Always Let Me Go』が、トリオによるフリー・インプロビゼーション中心であったのに対し、本作はスタンダード曲で固めている。

Keith_yesterdays

いいかげん、このスタンダーズの演奏、飽きがきても不思議じゃないのだが、これがなかなか飽きない。トリオの3名の演奏力が優れていて、インプロビゼーションのバリエーションの引き出しが無限にあるんだろう。この『Yesterdays』の演奏を聴いていても、「おおっ」と耳をそばだててしまう瞬間が幾度となくある。

この『Yesterdays』は、先にリリースされている『Always Let Me Go』と併せて聴くと、キース+ピーコック+デジョネットのトリオ「スタンダーズ」の力量と奥深さが良く理解できると思います。というか、凄いトリオですね。決してマンネリにならないどころか、新たな可能性、新たな展開を次々と見せてくれる訳ですから、このトリオの力量は他を寄せ付けない。

キースのアルバムリリースの予告を見る度、また、スタンダード集かあ、と食傷気味になるんですが、結局、購入してしまうんですよね。そして、一度聴いて「おおっ」と思い、しばらく繰り返し聴いてしまう。

う〜ん、キースの手に落ちているようでもあり、ECMの策略にはまっているようでもあり。まあ、それだけ優れた内容のアルバムをコンスタントにリリースしている、ってことなんですよね。いつまで続くのか、この「スタンダーズ」。それは誰にも判らない(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« Jeff Beckの70年代の傑作 | トップページ | 狸's Night Out »

コメント

マスター、記事数1000の大台おめでとうございます!これからも変らず、拝見させていただきますよhappy01
キース大好きです。ちょうど昔ECMでトリオレコードだ発売したころから聴いていますので、かれこれ30数年来の付き合いですね。ライブも何度か観に行きました。確かにこのスタンダーズトリオすごいです。並みのアーティストだとここまではできないでしょうね、さすがです。説得力の高い演奏はいつ聴いても、正に「スタンダード」かもしれません。私の周りには結構キースを嫌いな人が多いのですが、私は断然支持派です。

こんばんわ、 N1号さん。松和のマスターです。

ありがとうございます。記事数1,000を超えて、まだまだ
続けていきます。これからもよろしくお願いします。

さて、私もキースとつきあい始めて、ちょうど31年目。
初めて聴いたキースは『ケルン・コンサート』でした。

確かにキースって、ジャズ・ファンの中で、好き嫌いがハッキリ
分かれるみたいですね。個性が強いスタイルですからね。
ピアノを弾きながら唸り声を上げたり、インプロビゼーションが
変則なフレーズの連続だったり、決して、判りやすいピアニスト
ではないですからね〜。

でも、私もキースは好きですね。今のところ、ピアノ・トリオで
スタンダードを演奏させたら、右に出るものはいないでしょう。
 
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/28632062

この記事へのトラックバック一覧です: キースの最新作を聴く:

« Jeff Beckの70年代の傑作 | トップページ | 狸's Night Out »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ