« 聴いてみて「あら、ビックリ」 | トップページ | キースの最新作を聴く »

2009年3月14日 (土曜日)

Jeff Beckの70年代の傑作

我が千葉県北西部地方は、今日は朝から台風の様な南風。そして、思ったよりも強い雨。大荒れの週末である。午後も予報は外れて意外とまとまった雨が残り、夕方には北風に変わって、少し冷え込みだした。でも、寒の戻りはもう無いだろうな。

さて、Jeff Beck(写真右)をまとめて聴き直しているのだが、今日聴いて、その内容に改めて感心したのが『There and Back』(写真左)。LP時代は、エンボスのかかった凝ったジャケット。ご存知の方も多いと思いますが、このジャケは、Jeffのギターケースを接写したもの。なかなか格好良いロゴである。

この『There and Back』は、70年代の『Blow By Blow』,『Wired』と併せて、「インスト三部作」と呼ばれているシリーズの最終作。最終作らしく、アナログ録音時代のJeff、いわゆる70年代ロックの時代、この『There and Back』は、Jeff Beckの70年代の傑作アルバムだと思う。

収録されているどの曲が良いとか悪いとか、という次元で議論されるアルバムでは無い。収録されている全ての曲の出来が実に良いのだ。しかも、曲毎のアレンジが良く、バリエーションに富んでいて、それぞれの演奏の出来は全く持って申し分無く、アルバム全体を通して聴いていても、飽きが来ることが全く無い。加えて、『Blow By Blow』,『Wired』と比して、曲毎の出来不出来についてバラツキがかなり少なく、先の2枚より「安定して聴けるアルバム」というところだろう。
 

There_and_back

 
冒頭の「Star Cycle」から、ラストの「Final Peace」まで、淀みなく流れるように、違和感なく、全ての曲が楽しめます。Jeffのギターは、攻撃的かつ創造的なのは、いつものことながら、実に安定している。その安定度合いは、Jeffの残したアルバムの中でも指折りのものである。

ロックの歴代の傑作アルバムの中で、ヴォーカル無しのインスト・アルバムとしては、最高の出来でしょう。インスト・アルバムと聞くと、当時、同時代に一世を風靡した「ジャズ・フュージョン」を思い浮かべるのですが、この『There and Back』は、フュージョン・アルバムでは無い。

ビートが違う、ノリが違う、フレーズが違う、リフが違う。『There and Back』は、正真正銘、ロックのアルバムである。そこが、このアルバムの面白さ。どこから聴いても、フュージョンでは無く、ロックのインスト・アルバムだということが、直ぐに判ることろがこのアルバムの優れた部分のひとつである。

最後に、余談というか思い出話になりますが、冒頭の「Star Cycle」はテレビで、そう、金曜日の新日本プロレス中継で、BGMとして使われていました。確か、次週以降の対戦カード紹介のバックに流れていたんではないかしら。そうそう、当時のアナウンサーは古館一郎だったはず。当時、その事実を目の当たりにした時、「この名演をこんな放送(当時のプロレスファンの方々・ゴメン!)のバックに流すのか〜」と、目が点になったのを覚えています(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 聴いてみて「あら、ビックリ」 | トップページ | キースの最新作を聴く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jeff Beckの70年代の傑作:

« 聴いてみて「あら、ビックリ」 | トップページ | キースの最新作を聴く »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー