« Bluenoteのペトルチアーニ | トップページ | Crusaders の傑作中の傑作 »

2009年3月22日 (日曜日)

ジャズの小径・09年3月号の更新

昨日の好天とは打って変わって、鉛色の空が広がる今朝の空。午後からは雨が降り始めるが、そんなに寒くはならず、春の雨の風情。今年は春が来るのが早い。桜の開花の便りも聞こえてくる。いつもなら、この頃に、最後の寒の戻りがあるんだが、今年はその気配は無さそう。

さて、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」の更新。毎月恒例の更新コーナー「ジャズの小径」の更新です。今月のテーマは「最近見たウエザー・リポートのDVD」です。

まずは、ホームページから抜粋。

「CDで音を楽しむのも良いが、時には、映像でジャズを楽しむのも良いもんだ。CDで聴いていて、これってどんな弾き方しているのかな、とか、メンバーがどんな表情で演奏しているのかなあ、と想像を巡らすのも楽しいが、映像は、その「弾き方」や「表情」が目で確認できる。目で動きが確認できるのって、とても説得力があって、映像の質にもよるが、ジャズの演奏を映像で楽しむのも、それはそれで実に楽しい」

最近、DVD単品で、ジャズのライブ映像が発売されるようになった。そして、CDボックス盤の特典として、ジャズ関係のライブDVDが同梱されているケースが多くなった。音で聴いていても、どうやって弾いているのか、どういう表情で演奏しているのか、判らない。それらも想像でカバーするもの、音でジャズを聴く楽しみであるが、やはり動画は説得力が違う。

Weather_report_pict

しかしながら、映像っていうのは、目と耳が必要となるので、音だけの時の様に、音を聴きながら、本を読むとか、原稿を書くとか、いわゆる「ながら」作業が出来ないのが難点。DVDを観る時間をしっかり確保して、しっかりと画面に相対する必要がある。まあ、それでもジャズ演奏の映像を見ると、それはそれでやはり説得力が違う。たまには良いなあ、と思うようになった今日この頃。

今月ご紹介しているDVDは、ウェザー・リポートのベストCDボックスセットである『Forecast : Tomorrow』に特典として収録されているDVD。説明を見ると「Live In Offenbach,Germany. September 28,1978」と銘打たれた映像。パーソネルは、双頭リーダーのJoe Zawinul(key), Wayne Shorter(ss, ts), そして、リズム・セクションの Jaco Pastorius(b), Peter Erskine(ds) と、ウェザー・リポート黄金時代の最強メンバーでのライブ映像です。

そう言えば、最近手に入れた、Michel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ)の『Complete Dreyfus Recodings』にも、特典として、ライブDVDが入っていたなあ。そう言えば、マイルス・デイヴィスの『Kind Of Blue 50周年記念コレクターズBOX』の簡易盤にも、55分のドキュメンタリーなどを収録したDVDが同梱されていたなあ。そう言えば、昔、レーザーディスクで購入したジャズ映像もあったなあ。

映像を見る為に「まとまった時間」を取るのには、ちょっと困難な状況ではあるけれど、出来る限り、時間を見つけて、ジャズ映像の鑑賞にも手を伸ばしたい。そんな気にさせるウエザー・リポートのライブ映像でした。

詳細は、バーチャル音楽喫茶『松和』のジャズ・フュージョン館(左をクリック)まで、お越し下さい。心より、お待ち申し上げております m(_ _)m。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

保存

« Bluenoteのペトルチアーニ | トップページ | Crusaders の傑作中の傑作 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの小径・09年3月号の更新:

« Bluenoteのペトルチアーニ | トップページ | Crusaders の傑作中の傑作 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー