« 凄いぞ〜、若かりしBenson | トップページ | ファンキー・ジャズの愛聴盤 »

2009年2月18日 (水曜日)

That's 「ファンキー」

心が沈んだ時には「ファンキー・ジャズ」が良い。心が辛い時は「ファンキー・ジャズ」が良い。

日本のジャズ・ファンの間では、長年「ファンキー・ジャズ」は評価が低かった。「俗っぽい」「商業主義」など、あまり良い評判は聞かなかった。が、僕は好きだ。アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャースの『Moanin'』を聴いて以来、「ファンキー・ジャズ」は、僕の元気の源のひとつだった。

いろいろあって心が辛い。どうしても気分転換がしたくて、今日は久しぶりに、ファンキー・ジャズにドップリ浸かる。Nat Adderley『Autobiography』(写真左)を聴く。1965年の作品。とにかく、冒頭の「Work Song」には、いつ聴いても痺れる。ゴスペルの手法を取り入れた、ファンキー・ジャズの代表的楽曲の一つ。僕の大のお気に入りの1曲。
 

Nat_autobiography

 
ナット・アダレイ。キャノンボール・アダレイの実弟にしてハード・バップ・コルネットの名手。この『Autobiography』は、ナット・アダレイが自作の曲のみを取り上げた「自叙伝的」な一枚。「Work Song」「Jive Samba」、陽気なカリプソ「Junkanoo」, ラテン・ロック的なアプローチの「Stony Island」。ファンキー・ジャズ、ラテン・ジャズの名曲ばかり。

アルバム全体に、ゴスペル、ラテン・フィーリングが溢れていて、聴いていてとにかく楽しい。ワクワク、ウキウキする。このファンキー・ジャズを聴くだけで、直ぐに気分は晴れはしない。でも、ほんの少しだけ、ほんの少しだけ、心は軽くなる。

人生はいろいろある。しかし、今回は久々に参った。でも、音楽を愛でる心の余裕は持ち続けたい。う〜ん、一生懸命頑張っているんだけどなあ〜。「人間万事塞翁が馬」。後に振り返って、自分の人生はそうあって欲しい。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 凄いぞ〜、若かりしBenson | トップページ | ファンキー・ジャズの愛聴盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: That's 「ファンキー」:

« 凄いぞ〜、若かりしBenson | トップページ | ファンキー・ジャズの愛聴盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー