« That's 「ファンキー」 | トップページ | 昔々、ソウル・ジャズという・・・ »

2009年2月19日 (木曜日)

ファンキー・ジャズの愛聴盤

動機はともあれ、ファンキー・ジャズをとっても聴きたい精神状態なので、ファンキー・ジャズ三昧の毎日である。昨日は、Nat Adderley(ナット・アダレイ)のアルバムをご紹介した。今日は、ナットの兄貴、アルト・サックス奏者の Cannonball Adderley(キャノンボール・アダレイ)のアルバムをご紹介したい。

『74 Miles Away』(写真左)。1967年の作品。ファンキー・ジャズ・ブーム、真っ只中。パーソネルは、Nat Adderley (cor, vo) Cannonball Adderley (as) Joe Zawinul (p, el-p) Victor Gaskin (b) Roy McCurdy (ds)。後のスーパーバンド、Weather Report の Joe Zawinul(ジョー・ザビヌル)の参加が目を惹く。

そのザビヌルが作曲した4曲目「74 Miles Away」が素晴らしい出来である。実にアーティスティックなファンキー・ジャズなんだろう。ファンキー・ジャズの本質である「俗っぽさ」と「過剰な粘り」を、しっかりと踏襲しつつ、実にアーティスティックな響きを持つ、優れた出来の楽曲と演奏である。
 

74_miles_away

 
この「74 Miles Away」を聴くと、やはり、ファンキー・ジャズは良い。やはり、ファンキー・ジャズは立派に「純ジャズ」の範疇に留まっている、と思う。この「74 Miles Away」は、ファンキー・ジャズの名曲、名演のひとつではないか。初めて聴いた時、ビックリしたのを覚えている。

そして、冒頭の「Do Do Do (What Now Is Next) 」の、最高に「俗っぽい」、最高に「猥雑で、過剰なノリ」に、ファンキー・ジャズの真髄を感じる。単純にエンターテインメントを追求した、オーバー・ファンクなノリ。うねうねと腰をくねらすようにアルトを吹き上げるキャノンボール。その官能的なノリに呼応する聴衆。熱気溢れるパフォーマンス。

高中音域を中心に吹き上げることの出来るアルト・サックス。アルト・サックスがファンキー・ジャズのシンボルかな。そして、キャノンボールのアルトは、そのファンキーさに「黒さ」と「俗っぽさ」と「熱気」を含ませる。ファンキー・ジャズの巨匠。キャノンボールは僕のお気に入りである。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« That's 「ファンキー」 | トップページ | 昔々、ソウル・ジャズという・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンキー・ジャズの愛聴盤:

« That's 「ファンキー」 | トップページ | 昔々、ソウル・ジャズという・・・ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー