最近のトラックバック

« 正に、これは「絶品」である | トップページ | たまには初心にかえって »

2009年2月 8日 (日曜日)

フュージョンもここまで来ると

ジャズは絶対にライブが良い。じっくり腰を据えて作成されるスタジオ・アルバムも良いが、ジャズ特有の、その場その場のアドリブ性やハプニング性を考えると、やっぱりライブの方がスリリングである。

もちろん、その場その場のアドリブ性やハプニング性ということからすると、ライブには「出来の良い」ライブもあれば、「出来の悪い」ライブもある。ライブ・ハウスに自腹を切って足を運ぶ場合、この「出来の悪い」ライブに当たると酷い目にあうことになる。

その点、正式な形でリリースされた「ライブ・アルバム」は、ライブ・レコーディングの後、その出来を吟味して、出来の良いライブ音源をアルバム化するのが通例なので、実際のライブよりは安心である。

まあ、後で、オーバーダビングや編集が出来たりするんで、本当の、そのままの生の姿を記録したライブ・アルバムは少ないんでしょうね。それでも、ジャズの場合、ジャズ特有の、その場その場のアドリブ性やハプニング性は十分に確保れたライブ・アルバムが多い。

最近、Billy Cobham(ビリー・コブハム)のアルバムを組織的に聴き直しているんだが、このライブ・アルバムを初めて聴いた時は唖然とした。1974年リリースの『Shabazz』(写真左)。

Shabazz

フュージョン界の「千手観音ドラマー」ビリー・コブハム率いるグループが、1974年7月4日、モントルー・ジャズフェスティバル(2曲目 :「Taurian Matador」のみ)と、同年7月13日、ロンドン・レインボーシアターで行ったライブを収めた作品。

その内容は「凄まじい」の一言。メンバーは、John Abercrombie(g), Michael Brecker(ts), Randy Brecker(tp), Glen Ferris(tb), Milcho Leviev(kb), Alex Blake(b), そしてBilly Cobham(ds) という構成。メンバーを見渡すだけで「眩暈がする」(笑)。よくこれだけ「トンガッた」メンバーが揃ったもんだ。
 
地鳴りのようなダイナミズム溢れるビリー・コブハムのドラムを筆頭に、ブレッカー兄弟のファンキーで躍動感のあるサックス&ペット。グレン・フェリスのトロンボーンが彩りを添える。そこに、捻れたギターのアバークロンビーが絡み、ジャズの文法からしっかり「はみ出た」キーボードとベースがガッチリとサポートする。

本来は、である。リーダーであるドラマーは、フロントをはじめとするメンバーの手綱をしっかり取ってコントロールするんだが、コブハムは違う。自分が真っ先に荒れ狂って叩きまくる(笑)。きっと、当時のこのバンドのライブって、出来不出来の差が激しかったんでしょうね〜。でも、このアルバムでのライブ・パフォーマンスは凄まじく、素晴らしいものがあります。

フュージョンもここまで来ると「バカテク自慢の、耳当たりの良い音楽」なんていう陰口が霞んでしまいます。「泣く子も黙る」って感じですね。これだけのノリと迫力は、当時のロックの世界でも、なかなかお目に(お耳に?)かかれない。

ジャズあがりのフュージョン奏者が本気を出すと、こんな感じになります。ということで、ジャズあがりのフュージョン奏者をなめると、痛い目に会うことがあります(笑)。ご注意あれ。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 正に、これは「絶品」である | トップページ | たまには初心にかえって »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/27896374

この記事へのトラックバック一覧です: フュージョンもここまで来ると:

« 正に、これは「絶品」である | トップページ | たまには初心にかえって »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ