最近のトラックバック

« 『南から来た男』リターンズ | トップページ | フュージョンもここまで来ると »

2009年2月 7日 (土曜日)

正に、これは「絶品」である

昨日は懇親会で、久しぶりに大いに飲みました。有名なちゃんこ鍋に舌鼓。で、味を覚えて、コツを教えて貰って帰って、今日の晩ご飯は、我が家の「ちゃんこ鍋」。実に美味く出来ました。美味しい「ちゃんこ」のコツがちょっと判ったような気がします。

さて、話題は変わって、ジャズのアルバムの話題へ。最近、これは「絶品」である、と感心したアルバムが、秋吉敏子&ルー・タバキンの『VINTAGE (DUKE ELLINGTON SONG BOOK)』(写真左)。秋吉敏子と、彼女の夫君であるルー・タバキンのデュオ・アルバムである。デューク・エリントンの佳曲を、絶妙のデュオ(ピアノ+テナーサックス or フルート)で堪能できる「絶品」の一枚。

冒頭の「TAKE THE A TRAIN(A列車で行こう)」を聴いて欲しい。列車が力強く動き出す様子をピアノで弾むように表現し、走り出した列車の様に、躍動感溢れるグルーヴ感を生み出す。タバキンのテナーは、ストレートで、太く豊かな音色で、歌心たっぷりにスインギーなブロウで応える。この冒頭の「TAKE THE A TRAIN(A列車で行こう)」は絶品です。聴いていて、心躍り、感じ入り、心から感動しました。

デューク・エリントンが、2度目のスウェーデン・ツアーの後に書いたという5曲目の「SERENADE TO SWEDEN」は、あまり他では聴いたことの無い、珍しい曲だと思います。

Vintage

ここでは、雰囲気的に明るく、ちょっと都会的なニュアンスで、実にモダンな演奏です。デューク・エリントン独特の「和音の使い方、節回し、リズム」がしっかり反映されていて、どこから見ても「エリントン・ミュージック」。その独特の旋律をタバキンのテナーが悠然と吹き上げていきます。この曲、この演奏も「絶品」。

とにかく、収録されている、どの曲も「エリントンらしさ」が溢れていて、秋吉敏子&ルー・タバキンお二人の、選曲も妙と表現の妙には、大いに感心します。

どの曲も秋吉敏子&ルー・タバキンお二人の息はピッタリ。二人のデュオは、穏やかでありながら一瞬のたるみもなく、心地良いテンションがピーンと張っていて、「洗練」の言葉がピッタリ。エリントンへの敬愛の想い、ジャズへの真摯な想いが溢れていて、どの曲もどの曲も感動に次ぐ感動で、全ての曲を聴き終えた時、久しぶりに目頭が熱くなるのを感じました。

加えて、8曲目「I GOT IT BAD AND THAT AIN'T GOOD"」では、ルー・タバキンがフルートを披露していますが、これが実に素晴らしいフルートです。空高く駆け上がる様に、伸びやかにフルートを吹き上げ、かすれるような繊細なビブラートが、これまた泣かせる。秋吉敏子=ルー・タバキン・ビックバンドの時代から、ルー・タバキンのフルートは素晴らしかったのですが、この『VINTAGE』で再認識です。

夫婦だから「息の合った」素晴らしいデュオを聴かせてくれるのでは無い。そんな「夫婦だから」という安易な言葉で表現して欲しくない。双方が、真摯で優れた演奏家だから「息の合った」素晴らしいデュオを聴かせてくれるのだと思います。どちらも真剣勝負、一期一会のジャズ・パフォーマンスの素晴らしさと厳しさを、身をもって教えてくれるような、そんな「清廉」さを、ひたひたと感じます。良いアルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 『南から来た男』リターンズ | トップページ | フュージョンもここまで来ると »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/27870140

この記事へのトラックバック一覧です: 正に、これは「絶品」である:

« 『南から来た男』リターンズ | トップページ | フュージョンもここまで来ると »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ