« 究極の「癒しジャズ」ですね | トップページ | 初心者向けのコルトレーン »

2009年2月11日 (水曜日)

記念コレクターズBOX・簡易盤

朝から、どんより鉛色の雲が垂れ込めて、気温の上がらない寒い一日。せっかくの祝日なのに出かける気にもならない。運動不足になりかねないが、風邪気味で体調が思わしくないので、大人しくしていないとね。

さて、昨年の8月30日のブログ(左をクリック)でご紹介した、マイルス・デイヴィスの『Kind Of Blue 50周年記念コレクターズBOX』の簡易盤が登場した。

『50周年記念コレクターズBOX』は、完全未発表テイクも収録した2CD、特大ポスターや未発表写真を掲載した60ページに及ぶ豪華ブックレット、55分のドキュメンタリーなどを収録したDVD、180グラムの青盤カラーLP(アナログ)という重厚なもので、完全な「コレクターズ・アイテム」ものでした。

でも、さすがに、今の一般の人には、LPは必要無いですよね。必要無いというか、まずLPを再生するレコード・プレイヤーが無い(笑)。LP世代だった僕は、まだレコード・プレイヤーは持っているし、どうしてもLPでしか聴けない音源は、今でもLPで聴いている。でも、普通は必要ないよね。

でも、この『50周年記念コレクターズBOX』の中のCD2枚+DVDはとても内容が良く、これが、この『50周年記念コレクターズBOX』でしか体験出来ないのは実に惜しい、と思っていたら、恐らくそんな声が多くあったのか、『50周年記念コレクターズBOX』からCD2枚+DVDのみをセットにした簡易盤が登場した。

Kind_of_blue50

ジャズ・ファンの方々には、是非この簡易盤を体験していただきたいくらいの、とても充実した内容である。ボーナスCDは、これって単品販売も可能でないかと思う位の優れモノ。ライブの「So What」は凄い。これまた、DVDも実に内容が良い。こいつも単品販売可能な代物。しかも輸入盤にもかかわらず日本語字幕が付いている。

正式リリース盤の『Kind Of Blue』も勿論ついていますし、リマスタリングも施されていて音質も良い。これが3000円以下(2/11現在、UK盤がamazonで2,959円!)で買えるなんて、なんて幸せなことでしょう。

『Kind Of Blue』は、ジャズのアルバムの中でも定盤中の定盤なのですが、初めて買うのなら絶対にこれです。また、『Kind Of Blue』を一枚所有していても、この簡易盤の「ボーナスCDとDVD」を手に入れることだけを目的として購入するのもアリですね。

今日は久しぶりに、マイルスの『Kind Of Blue』を聴きましたが、やはり素晴らしい内容です。でも、モード奏法を中心に演奏されているので、ジャズ初心者の方々にとっては、音の気持ち良さ、心地良さは感じることはあっても、何が素晴らしいのか良く判らないのが本音では無いでしょうか。そういう意味では、この『Kind Of Blue』は中級者向けのアルバムですね。

でも、このアルバムは絶対に体験すべきアルバムだと思います。ジャズ・ファンのみならず、他のジャンルの音楽ファン、音楽家の皆さんもこのアルバムだけは聴いておくべきかと。ジャズのアーティスティックな面がダイレクトに体験できます。即興演奏をベースとしたジャズの厳しくも美しい側面を目の当たりにすることが出来ます。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 究極の「癒しジャズ」ですね | トップページ | 初心者向けのコルトレーン »

コメント

初めまして。ジャズはよく知らないのですがこれは必聴でしょうか?チェックしてみます。

初めまして、kimaniさん。松和のマスターです。
 
そうですね〜。ブログ本文にも書きましたが、ジャズ初心者の方には
良い音、良い演奏という雰囲気は感じられるとは思うんですが・・・。

ジャズって、即興演奏中心の音楽なので、アドリブの展開に入ると、
ポップスやロックの様に、印象的なメロディーが追えなくなったり、
キャッチャーなリフやフレーズに乏しかったりで、ちょっと戸惑うと
思います。勿論、この『Kind Of Blue』は、ジャズのアルバムの中では、
初心者の方にとって、かなり聴き易いアルバムではありますが・・。

必聴か、と問われると「う〜ん」。ジャズをこれから腰を据えて聴いて
いこうかと思われるジャズ初心者の方々は、手に入れても後悔は無いと
思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記念コレクターズBOX・簡易盤:

« 究極の「癒しジャズ」ですね | トップページ | 初心者向けのコルトレーン »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー