« ジャズの小径・2月号の更新です | トップページ | ペトルチアーニとの出会い »

2009年2月23日 (月曜日)

没後10年...ペトルチアーニ

今回、大のお気に入りジャズ・ピアニストの一人、Michel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ・以下ペトと略)の『Complete Dreyfus Recodings』を手に入れた。Dreyfusレーベルからリリースされたアルバム10作品(CD12枚)、未発表DVD2枚が入った、煌めきの超弩級ボックスセット。

Dreyfusレーベルのペトのアルバムは、単品で買うと、輸入盤の割に割高で、ちょと購入を躊躇っていた。それが、である。この煌めく超弩級のボックスセットが、なんとなんと、amazonにて、12,459円で手に入った(今日の時点では在庫切れみたいなんですが...)。DVDを除いても、1枚当たり1,250円。小遣い叩いても、全くのお買い得である。

ペトはフランス出身のジャズ・ピアニスト。遺伝的原因から、生まれつき骨形成不全症という障害を背負いながらも、その障害を克服しつつ、ジャズ・ピアニストとして、高い評価を得るまでになった。若い頃から体質上「寿命は20歳程度まで」と言われていたらしいが、実際にはそれよりはるかに寿命を長らえて活躍、NYで死去した時は36歳だった。
 

Petrucciani

 
ペトのスタイルは、ビル・エバンスに端を発するが、エバンスよりもタッチは硬質でエッジが立っており、欧州出身のジャズ・ピアニストに良くある特徴である「クラシック・ピアノの香り」がほのかにする端正なピアノが特徴。テーマ、インプロビゼーション共に旋律を追うことができるほどに美しく、メジャー調の曲のポップな雰囲気が特徴で、ジャズ・ピアニストの中で、唯一無二のスタイルを持った、いわゆる「スタイリスト」の一人。1980年代~1990年代を代表するジャズ・ピアニストの一人である。

Dreyfusレーベルのペトは、彼のミュージシャン生活の後半を彩るもので、確立されたスタイルと確信を持った演奏内容が素晴らしい、ペトを愛でるには絶対に外せないアルバム群である。それが、今回、手に入ったのである。もう心は「狂喜乱舞」である。

さあ、今年のジャズ・ライフの中心が決まったぞ。「ペト」だ。ミシェル・ペトルチアーニだ。ペトを愛で、ペトを研究し、ペトを極めたい。ブルーノート・レーベルの諸作はまあまあのレベルでコレクションしてあるので、さあ、ペトを聴き極めるのだ。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

保存

« ジャズの小径・2月号の更新です | トップページ | ペトルチアーニとの出会い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 没後10年...ペトルチアーニ:

« ジャズの小径・2月号の更新です | トップページ | ペトルチアーニとの出会い »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー