最近のトラックバック

« 滅入った時に「In My Life」 | トップページ | 時には初心に帰って・・・ »

2009年1月10日 (土曜日)

V.S.O.P.「ライブ・イン・USA」

ちょっと昨日は本音を出し過ぎた。僕は大丈夫です。これしきのことで、挫けることはありません。逆にやる気が出てきています。邪魔があればあるほど、今まで僕は本気を出してきました。

さて、僕の中で、フレディ・ハバードの追悼はまだまだ続いている。学生時代、ジャズを聴き始めた僕がフレディ・ハバードに出会ったのは、ハービー・ハンコックが主催したV.S.O.P.(Very Special Onetime Performance)の『ニューポートの追想』。こんなに上手いトランペッターがいるんや、ジャズって凄いなあって、正直に思った。

そのV.S.O.P.のアルバムを順番に聴いている。V.S.O.P.The Quintetでのライヴ録音は幾枚か出ているが、その中で、一番愛着があって、一番良く聴いているアルバムが『The Quintet(邦題:ライブ・イン・USA)』(写真左)。V.S.O.P.のライブ・アルバムの中で、一番、まとまっていて、一番、メンバーが熱いパフォーマンスを繰り広げている。

でも、ジャズを聴き始めた大学の頃には、そんなことはさっぱり判らなかった。ただ、2曲目のロン・カーター作曲の「サード・プレーン」の、ほのぼのとした柔らかい曲調が好きで、この、ほのぼのとした、聴いて楽しい「サード・プレーン」の存在だけで、この『The Quintet(邦題:ライブ・イン・USA)』を聴き続けたのが本当のところ。

今の耳で聴くと、メンバーそれぞれが、素晴らしいパフォーマンスを繰り広げている。テナーのウェイン・ショーターは、自分のライブ・パフォーマンスについては、とても辛くて、なかなか自分のライブ・パフォーマンスをアルバムに残すことを良しとしない。そのショーターがOKを出しているアルバムである。当然、彼のパフォーマンスは素晴らしい。

Vsop_the_quintet

リーダーのハービーは当然素晴らしい。やはり、ハービーは脇役に回った、伴奏に回った時は、実に素晴らしい。ソロなど鬼気迫るほど。70年代の彼のベスト・パフォーマンスのひとつがこのアルバムに記録されている。

ドラムのトニー・ウィリアムスは、それはそれは、天才的なドラミングを惜しげもなく披露する。何本手があるんや、何本足があるんや、と戸惑うばかりのポリリズム。ロックのドラマーなど、そのほとんどが足下にも及ばない。

そして、ベースのロン・カーター。これがこれが、アタッチメント付けてブヨンブヨンという音ではありながら、なんとピッチがまずまず合っていて、芯があるベースを供給する。ロンの真価を感じることができる、なかなかに凄みのあるベースである。

そして、トランペットのフレディ・ハバードと言えば、絶好調である。出だしの「One of a Kind」から絶好調。それもそのはず、この「One of a Kind」は、ハバードの作であった(笑)。ラストの「Birdlike」もそう。スピード感満点のトランペットが素晴らしい。ハービー・ハンコック作の「Darts」から「Dolores」に至っては、ハードに吹きまくるだけ吹きまくって、実にカッコ良い。

今の耳で振り返ってみて、このV.S.O.P.の『The Quintet』は、70年代のハードバップ・ジャズの最高峰を示すアルバムの一枚だと思います。モード的な演奏も、全く違和感なく演奏できるバンドって、そうそうあるものではないと思います。そういう意味で、このV.S.O.P.は凄いバンドでした。そして、それぞれのメンバーも素晴らしい。

そんな中に、トランペッターとして参加したハバード。今から思えば、実に幸せな、実に運の良いミュージシャンだったと言えるのではないでしょうか。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 
 

« 滅入った時に「In My Life」 | トップページ | 時には初心に帰って・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/26999786

この記事へのトラックバック一覧です: V.S.O.P.「ライブ・イン・USA」:

« 滅入った時に「In My Life」 | トップページ | 時には初心に帰って・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ