« 栴檀(せんだん)は双葉より芳し | トップページ | これはたまげた、驚いた〜! »

2009年1月18日 (日曜日)

隠れた名盤は意外と沢山ある

ジャズの世界は意外と広くて深い。ジャズの入門本やアルバムの紹介本で紹介されている、名盤、佳作の類はほんの一部、氷山の一角であって、隠れた名盤ってやつは意外と沢山ある。だから、ジャズのアルバム蒐集って趣味は面白いってこと。

今回、出会った隠れた名盤は『ダンディズム』(写真左)。日本ジャズ界のジャズ・ギターの雄、渡辺香津美とジャズ・ピアノの雄、小曽根真(写真右)のデュオである。

このアルバムに惹かれた動機は1曲目の収録されている「スペイン」という曲の存在。以前にもこのブログで書いたとは思うが、僕はこの曲が大好きで、この曲を含むアルバムは、見境なく購入してしまう傾向にある。その傾向の中で、有無を言わせず即ゲット。
 

Dandyism

 
で、このデュオ・アルバム、「スペイン」はとにかく健闘している。日本人ジャズ・ミュージシャンがこのスパニッシュ色濃厚な、この演奏難易度の高い「スペイン」をここまで弾きこなすとは思わなかった。

ちょっと堅さが気になるが、スタジオ録音っていう環境もあるだろう。ライブで聴きたい。日本ジャズのミュージシャンのレベルもいよいよ世界レベルになってきたなあ、ということを実感する。

全編通じて、非常に生真面目で、日本人らしさを感じる、素敵なデュオです。もう少しノリが欲しいなあというところもありますが、それだけ、ギターとピアノのデュオは難しいということ。ここまで出来れば御の字です。逆に、ビル・エバンスとジム・ホールの『アンダーカレント』というアルバムは奇跡に近い成果と言えると思います。

「平成の『アンダーカレント』と呼ばれれば嬉しい」と渡辺香津美はのたもうたらしいが、なるほど、それだけの内容がある素敵なデュオである。いや〜、良いものを聴かせてもらった。このアルバムも隠れた名盤の一枚である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 栴檀(せんだん)は双葉より芳し | トップページ | これはたまげた、驚いた〜! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠れた名盤は意外と沢山ある:

« 栴檀(せんだん)は双葉より芳し | トップページ | これはたまげた、驚いた〜! »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー