最近のトラックバック

« ジャズの小径・1月号の更新です | トップページ | 俺の他に誰がいる? »

2009年1月25日 (日曜日)

「ジャズへの招待状」の更新!

バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」の純ジャズ系のコーナー『ジャズへの招待状』の「ベース」の項を、久々(実に約7年ぶり!)に更新しました。

「ジャズへの招待状・ベース」のコーナーの更新は「ロン・カーター」の特集です。いや〜、ベーシストがリーダーのアルバム選定とアルバム評をまとめるのって、結構手間取りました。足かけ3年の作業でした。

「ジャズへの招待状・ベース」のコーナーの次の特集ミュージシャンとして、「ロン・カーター」にターゲットを絞ったのが、2006年の6月。所有するロンのリーダー作が6枚ほどあったので、それに加えること、初リーダー作の頃、1960年代〜1970年代のロンのリーダー作を数枚補強して、ロンの評価を固めていくのだが、これが手間取った。

ロンがどうの、というより、そもそもベーシストがリーダーのアルバムっていうのは、どういう意義、意味があるのか、ってことに「詰まった」。

そもそも、ベースは、ソロ楽器(トランペットやサックスなど)とは違い、リズムセクションの重要なパートを担う楽器ゆえ、その演奏上の特長が現れにくい楽器である。それ故、ベース奏者のリーダー・アルバムは、そのコンセプトを打ち出しにくく、その数が非常に少ない。

Ron_banner

それでもベーシストがリーダーのアルバムには2つの傾向がある。ひとつは、ベースの演奏自体が非常に特徴的な場合は、その特徴的な演奏内容を全面に押し出したスタイル。もうひとつは、ベーシストが卓越した作曲能力、編曲能力を有する場合で、この作曲能力、編曲能力にスポットを当てて、リーダー・アルバムを演出するケースである。ただ、どちらもグループ・サウンズとして、バランスを欠いたケースがほとんどで、純粋なベーシストとしてのリーダー作とは言い難い。

いや〜、手間取りましたねえ〜。ベーシストのリーダーアルバムって、ホントに難しいですね。僕が思うに、理想的なのは、ジャズ演奏の中での理想的なベースの役割、ベースの音色、そしてそのテクニックを、グループ・サウンズを通じて演出するやり方です。ジャズ演奏におけるベースの役割の明確化と理想的なベースの演奏モデルの提示。これが本来のベーシストがリーダーを張る、リーダー・アルバムのあるべき姿だと思います。

その「ベーシストとしてのリーダー・アルバムはどうあるべきか」。その一つの答えが、最近のロン・カーターのリーダー・アルバムにあると僕は思っています。今回は、そのロン・カーターの最近作から、4枚をピックアップし、その特長をご紹介しています。

さあ、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」(左をクリック)までお越し下さい。今回のロン・カーターの特集は、『ジャズへの招待状』のコーナーの中の「ベース」の項にあります。では、バーチャル音楽喫茶『松和』でお待ちしています m(_ _)m。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« ジャズの小径・1月号の更新です | トップページ | 俺の他に誰がいる? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/27456793

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャズへの招待状」の更新!:

« ジャズの小径・1月号の更新です | トップページ | 俺の他に誰がいる? »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ