最近のトラックバック

« 俺の他に誰がいる? | トップページ | クールなバリトン・サックス »

2009年1月27日 (火曜日)

バリトン・サックス、至福の時

バリトン・サックスが好きである。中学生の時、ブラスバンドをやっていた時から、バリトン・サックスの音色が好きである。あの「ブリッ」「ゴリッ」「ブブブブ〜」という、得も言われぬ低音がたまらない。

ジャズの世界では、バリトン・サックスのミュージシャンは、いつの時代も一定数存在する。ジャズ・ビッグバンドの編成の中では、バリトン・サックスは欠かせない存在。ビッグバンドの低音域を「ブリッ」と支える、ハーモニーとユニゾンを底支えする、欠かせない存在なので、バリトン・サックスは、ジャズ界では不可欠。

とにかく、図体がでかい。ある程度、背丈のある人でないと、取り扱いに困る位の大きさ。しかも重い(笑)。でも、あの図体のでかい、見るからにメカニカルなバリトン・サックスを、悠々と吹きたおすミュージシャンの姿は神々しい。

今日は、そのバリトン・サックス奏者の雄、ペッパー・アダムスの『The Adams Effect』(写真左)を聴く。冒頭の「Binary」の、疾走感溢れるファンキーな4ビートの曲に、思わず「仰け反る」。イントロで流れてくるトミー・フラナガンのピアノのノリに「ニヤリ」とし、テーマの格好いいユニゾンに惚れ惚れし、ペッパー・アダムスのバリトンは「ブリブリブリッ」と炸裂し、バンド全体が一丸となって疾走する。爽快感抜群、バリトン感最高な1曲である。

The_adams_effect

2曲目は打って変わって、スローなバラード「Valse Celtique」。アダムスのバリトンが緩やかに情感豊かな低音でテーマを「ブリブリブリ」。う〜ん、ええなあ。バリトン・サックスって、その大きさ故、スローなフレーズを安定して吹き続けるのは、結構難しいはずなんだが、アダムスは悠然と吹き上げていく。感動のバラード。バラードの伴奏をさせれば天下一品の、フラナガンのピアノ伴奏も秀逸。

パーソネルは、Pepper Adams(bs), Frank Foster(ts), Tommy Flanagan(p), Ron Carter(b), Billy Hart(ds)。素晴らしいラインアップである。特に、フランク・フォスターのテナーは、アダムスのバリトンとの相性抜群。フォスターとアダムスのユニゾン、ハーモニーは息もあって素晴らしく、聴いていて惚れ惚れ、うっとり。おっと、こんなところにも、ベースのロン。そして、地味ながら小粋なドラミングを聴かせるビリー・ハートも良い。

1985年6月の録音。ペッパー・アダムスは1986年に亡くなっているので、鬼籍に入る一年前、最晩年のアルバムになりますが、これがどうしてどうして、若かりし頃と同じ「迫力のバリトン・サックス」を聴かせてくれています。ここまでくれば「超人」やね〜。

このアルバムが、ペッパー・アダムスの最後のアルバムとなった訳ですが、最晩年(当時まだ55歳でした)だからバリトンの音があまり出ていないんじゃないか・・・という心配は御無用。凄い迫力の、プロの技を堪能できます。バリトン・サックス好きの人には絶対の「お勧め」です。 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 俺の他に誰がいる? | トップページ | クールなバリトン・サックス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/27519119

この記事へのトラックバック一覧です: バリトン・サックス、至福の時:

« 俺の他に誰がいる? | トップページ | クールなバリトン・サックス »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ