« 隠れた名盤は意外と沢山ある | トップページ | 隠れた名盤の一枚に浸りきる »

2009年1月19日 (月曜日)

これはたまげた、驚いた〜!

長生きはしてみるものだ、とつくづく思うことがある(笑)。今回、サブプライムローン問題〜不況の影響で、思わぬレベルでの円高となった。米国に進出する企業にとってはかなり重篤な打撃となるのだが、ひょんなところに、その効果がプラスに出てくることもある。

最近、米国盤のCDが異様に安くて手に入るようになってきている。CD関連のネットショップをこまめにチェックしていると、「え〜っ」というくらい安価に、お目当てのCDが手に入る状況に遭遇する。

今回、ジェフ・ベックの80年代以降のアルバムが、千円以下で手にはいることが判った。うへ〜っ、千円以下か〜。ということで、『Jeff Beck's Guitar Shop』『Who Else! 』『You Had It Coming』『Jeff』の4枚を一気にゲット。これで、ジェフ・ベック名義の公式盤は全て手に入ったことになる。素直に嬉しい。

で、今日、早速聴いたのが『Jeff Beck's Guitar Shop』(写真左)。1989年リリースのオール・インストアルバム(効果音的なボーカルは入っていますが)。超絶技巧ドラマーであるテリー・ボジオ(Terry Bozzio)との共演。キーボードはトニー・ハイマス(Tony Hymas)。
 

Guiter_shop

 
ちょっと他に例を見ない「ベースレス・トリオ」での録音。まあ、ビートをキープするならドラムで十分、音の厚みを実現し、ギターの音の隙間を埋めるならキーボードで十分、ってところで、ベースはいらん、ということでしょう。

で、これがですね、凄い内容のギター・インスト・アルバムなんですよ。1989年という時代の録音っていうことを考えると、十分過ぎるほどの豊かなエコーがちょっと気に入らないですが、リズムは打ち込みでは無く、人間系のリズム・セクション、アナログチックな雰囲気が実に良い。そして、そのリズムが実に「トンガって」いて、低い重心で、超弩級の響き。

その超弩級のリズム・セクションの響きをバックに、ジェフがうねるように、叫ぶように、鼻歌を歌うように、とにかく「好き勝手に」ギターを弾きまくっている。超絶技巧なテクニックでグイグイ押すのでは無い。超絶技巧なテクニックで押すのであれば、1970年代の『Blow by Blow』や『Wired』が圧倒的に上を行く。

でも、このアルバムを聴いて感動するのは、エレキ・ギターって、こんなにも歌うような音色が出せるんだということ、こんなにも色彩豊かな音色が出せるんだということ、こんなにも陰影豊かな音色が出せるんだということ、こんなにも太い暴力的な音が出せるんだということ。

エレキ・ギターを歌わせる、響かせると言う点で「最高峰」のアルバムの中の一枚である。いやはや、ジェフは凄い。ロック・ギタリストの中で、インスト・ギターを聴かせる点では最高の部類やね。1989年という時代で、この「トンガッた」音を聴かせてくれていたとは。「これはたまげた、驚いた〜!」である(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 隠れた名盤は意外と沢山ある | トップページ | 隠れた名盤の一枚に浸りきる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これはたまげた、驚いた〜!:

« 隠れた名盤は意外と沢山ある | トップページ | 隠れた名盤の一枚に浸りきる »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー