最近のトラックバック

« 猫も杓子も「スワンプ」な時代 | トップページ | 栴檀(せんだん)は双葉より芳し »

2009年1月16日 (金曜日)

孤高の人、ニール・ヤング

昨日、1960年代の終わりから1970年代初頭にかけては、猫も杓子も「スワンプ」な時代、と書いたが、そんな「スワンプ」全盛時代にも関わらず、我関せずと、自分流のロックを悠然とやっている奴らもいる。

僕が昔から「孤高の人」として敬愛して止まないニール・ヤングも、その一人である。「懐かしの70年代館」の時代からは、ちょっとだけ外れるので、反則と言えば反則なのだが、今日は、Neil Young & Crazy Horseの『Everybody Knows This Is Nowhere(邦題:ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース)』(写真左)を聴く。

1969年5月のリリースなので、「スワンプ」真っ只中でのリリースなんだが、これが悠然と「ニール・ヤング」の個性をドップリと振りまいて、それはそれは個性的な音楽に仕上がっているのだ。周りは皆、あからさまに「スワンプ」しているのにね。

とにかく、バック・バンドのクレイジー・ホースが、重心の低い、悠然とハードなロック・ビートを前面に押し出して、独特の個性を獲得していることが大きい。この独特な個性を既に獲得しているクレイジー・ホースをバックに従えているところに、ニール・ヤングの先進性と普遍性がある。
 

Everybody_knows

 
でも、しっかりと耳を傾けると、バックバンドのクレイジー・ホースの演奏の中に、サイケデリック・ロックの流行フレーズがちょこっと顔を出したりするところが、実に可愛い。でも、ギターとベースの重心の低さとフレーズの荒々しさが故に、明らかにサイケデリック・ロックにはならないところが「ミソ」。

穏やかなカントリー・フォーク調の「Round & Round (It Won't Be Long)」などを聴くと、クレイジー・ホースのハードな演奏の中に、そこはかと無く、隠し味的に「アメリカン・ルーツ・ロック」のエッセンスを散りばめているところが実に「ニクイ」。そう、隠し味的に「スワンプ」色を漂わしているところが、実にセンスが良い。

そして、ニール・ヤングの独特のギター・スタイルと、丸く「くぐもるような」個性的なボーカル、そして、あふれ出るような歌心。たまりませんね。

他の「スワンプ」色を全面押し出したアルバムは、今の耳で聴くと、どうしても古さや懐かしさが先に立ってしまいがちだが、この『Everybody Knows This Is Nowhere』は違う。隠し味的に「スワンプ」色を漂わしているセンスが、今の耳でこのアルバムを聴いても、全く古さや懐かしさを感じさせない。

う〜ん、「孤高の人」ニール・ヤングの面目躍如やねえ。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

保存

« 猫も杓子も「スワンプ」な時代 | トップページ | 栴檀(せんだん)は双葉より芳し »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/27197745

この記事へのトラックバック一覧です: 孤高の人、ニール・ヤング:

« 猫も杓子も「スワンプ」な時代 | トップページ | 栴檀(せんだん)は双葉より芳し »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ