最近のトラックバック

« 「ジャズへの招待状」の更新! | トップページ | バリトン・サックス、至福の時 »

2009年1月26日 (月曜日)

俺の他に誰がいる?

『Who Else! 』。なんて格好いいアルバム・タイトルだろう。日本語にすると「俺の他に誰がいる?」って感じだろうか。ギター職人ジェフ・ベックが、1989年リリースの『Jeff Beck's Guitar Shop』以来、10年ぶりに発表した1999年アルバム。10年ぶりだけに「はじけまくって」いる(笑)。

『Jeff Beck's Guitar Shop』については、2009年1月19日のブログ(左をクリック)をご覧頂きたい。今日は、この1999年リリースの『Who Else! 』(写真左)である。

テクノを大胆に取入れたディスコっぽい曲、出色のブルース、トラディショナルでケルト風な曲などなど、もうギター職人ジェフ御大のギター弾きまくり、好き勝手にやりまくり、である(笑)。

のっけからぶっ飛ばす。冒頭「What Mama Said」の格好良いこと。大胆にもディスコっぽいアプローチであるが、これがなんと「古くない」。このギター職人のおっさんは「化け物」か?(笑)。今の耳にも十分耐えるというか、ジェフ独特の個性溢れる、ジェフしか出来ない「ディスコ」である。踊れるロック・ギター、ジェフの面目躍如である。
 

Who_else

 
2曲目以降も「ぶっ飛ばし」の手を緩めない。テクニック優先のギターではない、聴かせるギター満載である。超絶技巧ではないのに、このエレキギターは何人にも真似できない。孤高のインスト・ギターがここにある。

ラストを飾る「アナザー・プレイス」は実に印象的。ノリノリのエレキギター大会を聴かせたと思えば、こんな美しい曲を、さらりとエレギでやってしまう。はあ〜、天才の仕業というのは、このことでしょうね。

「俺はノスタルジアではないぜ」というジェフの声が聞こえそう。過去の栄光である『Blow By Blow』や『Wired』をなぞらない、常に最先端で、常にヒップなエレキギターのインストを聴かせるジェフは「化け物」である。

「Who Else!」=「俺の他に誰がいる?」。いやいや、ジェフ・ベック御大しかいません。これだけのトンガッたギター・インストを聴かせるのは、ジェフ御大以外におりませぬ。いや〜、参りました。1989年リリースの『Jeff Beck's Guitar Shop』もたまげましたが、この『Who Else!』は「たまげた」を通り越して「脱帽」です。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「ジャズへの招待状」の更新! | トップページ | バリトン・サックス、至福の時 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/27487291

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の他に誰がいる?:

« 「ジャズへの招待状」の更新! | トップページ | バリトン・サックス、至福の時 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ