最近のトラックバック

« フレディ・ハバードと言えば・3 | トップページ | V.S.O.P.「ライブ・イン・USA」 »

2009年1月 9日 (金曜日)

滅入った時に「In My Life」

本業の突発事故で、昨日のブログはお休みした。突発事故とはいっても、そんなに重大なトラブルでは無い。重大なトラブルの方が対応のし甲斐もあるし、ブログの休み甲斐もあるってもんだ。そうでないから、心が滅入る、そうでないから、心底疲れる。

人間は一人では生きられない。人は人に支えられて生きている。ビジネスは人が創る。人と人との繋がりがビジネスを創っていく。人と人とが歴史を創っていく。僕はそう信じて疑わない。今でも強く信じている。でも、その「人」って、最低限の人格と品格を兼ね備えた「大人」の人達でなければならない。

今回の突発事故は、実に子供じみた、実にプロとして情けない仕業だけに、心が滅入る。心底疲れる。彼らには、残された時間は無尽蔵にあるのだろう。でも、僕に残された時間は思ったよりも限られている。彼らには帰る場所があるんだろう。僕には帰る場所が保証されている訳ではない。まあ、その緊張感が、今でも現役を務めあげることが出来ている原動力にはなっているんだけどね。

心が心底疲れた時、心が心底滅入った時、聴きたくなる楽曲は、子供の頃、ロックに目覚め始めた中学の頃、心底、感動した楽曲が聴きたくなる。今日は、ビートルズの「イン・マイ・ライフ」が無性に聴きたくなる。「イン・マイ・ライフ」は、ビートルズ後期の傑作『ラバー・ソウル』(写真左)に収録された、ジョン・レノンの楽曲の中でも、僕にとっては大のお気に入りの1曲。

In_my_life

There are places I remember
All my life though some have changed
Some forever not for better
Some have gone and some remain
All these places had their moments
With lovers and friends I still can recall
Some are dead and some are living
In my life I've loved them all
............

心に残る 場所がある
もう変わってしまった場所
苦い思いがつきまとう場所
忘れ去ったり 心に留まり続ける場所
それぞれに大切な瞬間がある

大切な かけがえのない人達とともに 今も思い出す 
すでに逝ってしまった人 元気でいる人
僕が心から大切に思うすべての人達
............


とにかく、疲れた。それでも、一波乱は去った。でも、最低限の人格と品格を兼ね備えることのない、子供の様な人々の仕業である。また、一波乱あるだろう。でも、今はゆっくり眠りたい。今晩から明朝にかけて、ぐっすりと眠りたい。とにかく、僕の進む道を邪魔しないで欲しい。僕に残された時間は案外に短い。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« フレディ・ハバードと言えば・3 | トップページ | V.S.O.P.「ライブ・イン・USA」 »

コメント

マスター、お疲れ様です。
In My Lifeで少しは心が癒されたでしょうか・・・

一昨年、ゴスペルのユニットで、アカペラでIn My Lifeを歌いました。え、ゴスペル?と思うかもしれませんが、この歌詞の2番のyouをYouと大文字にしたら、見事にゴスペルなんですよ(^^)Johnがそれを意図していたかどうかは、知る由もないですが・・・

おりしも3連休。ゆっくり休んでください。

ひとみちゃん、いらっしゃい。松和のマスターです。
 
ご心配おかけしました。僕は大丈夫です。これしきのことで、
気が滅入って、塞ぎ込んでしまう「タマ」ではないです。

まあ、若い頃はちょっと暫く落ち込んだかもしれませんが、
歳をとった今では、これしきのことでは落ち込みはしません。
まあ、一時はちょっと落ち込みますが。直ぐに復元します(笑)。

昨晩、ぐっすり寝て、今日は朝7時にしっかり起きて、晴天の
朝日を浴びて、ちょっと心は上向きです。

そうそう、「In My Life」の2番のyouをYouと大文字に変える件、
意外とJohnは、それを意図していたのではないかと思います。
 
いや〜、絶対彼は、それを意図してと思いますね。後の時代に
この「In My Life」がゴスペルで歌われることを想定していた
ような気がします。いや〜、彼ならやりかねない(笑)。

今日、一日でかなり元気が回復しました。もういつまでも
悩んでいる時間もありません。僕に残された時間は意外に
少ない。だから、悩むよりも先に進むことを優先します。
 
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/26969363

この記事へのトラックバック一覧です: 滅入った時に「In My Life」:

« フレディ・ハバードと言えば・3 | トップページ | V.S.O.P.「ライブ・イン・USA」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ