« フレディ・ハバードと言えば... | トップページ | フレディ・ハバードと言えば・3 »

2009年1月 6日 (火曜日)

フレディ・ハバードと言えば・2

今日もフレディ・ハバード追悼である。昨日『Red Clay』をご紹介したが、この『Red Clay』よりも愛聴しているハバードのアルバムがある。1963年録音の『The Body & The Soul』(写真左)である。

当時のジャズ・メッセンジャースの仲間を中心に、スモール・コンボ、ビッグ・コンボ、そして、ビッグ・コンボ+ストリングスの3種類の編成で録音されている。ハバードが25歳になる直前と直後の3回のセッションで録音されている。重ねて言うが、この時、ハバードは弱冠25歳である。

このアルバムでのハバードは、全く吹き過ぎていない。抑制の効いた、実にテクニカルで情感豊かなトランペットを聴かせてくれる。惚れ惚れする。聴き惚れてしまう。

加えて、ビッグ・コンボとストリング入りのアレンジはウェイン・ショーターが務めている。このアレンジが実に秀逸なのだ。ウェインの並外れた才能が垣間見える。実に個性的で優れたアレンジである。このウェインのアレンジについては、もっと聴かせて欲しいものだ。
 

Hubbard_body_and_soul

 
スモール・コンボのパーソネルを見るだけでも心が震える。FREDDIE HUBBARD (tp), WAYNE SHORTER (ts), ERIC DOLPHY (as & fl), CURTIS FULLER (tb), CEDER WALTON (p), REGGIE WORKMAN (b), LOUIS HAYES (ds)。改めて見渡すと、いやはや錚々たるメンバーである。特に、ドルフィーのソロが素晴らしい。ヘインズのドラムも鬼気迫るものがある。

ハード・バップの成熟の頂点を感じる、実に優れた演奏ばかりである。このアルバムを通して聴くと、ハード・バップの成熟を感じる。アレンジされた抑制されたサイドメンをバックに、それぞれがテクニカルで優れたソロを聴かせるのだ。

ハバードのアルバムの中で、松和のマスターこと、僕の一番のお気に入りのアルバムがこの『The Body & The Soul』。ハバードの作品中、あまり話題にならない作品であるが、彼の作品の中で、異色作にして「知る人ぞ知る傑作」だと思っている。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« フレディ・ハバードと言えば... | トップページ | フレディ・ハバードと言えば・3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレディ・ハバードと言えば・2:

« フレディ・ハバードと言えば... | トップページ | フレディ・ハバードと言えば・3 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー