« 暴風雨の中を練り歩くギター | トップページ | ジャズの小径・12月号の更新です »

2008年12月21日 (日曜日)

ジャズの世界は更に激しい

昨日は、ジェフ・ベックの新しくリリースされたオフィシャル・ブートレグについて語った。とにかく、それはもう素晴らしい、というか凄いというか、凄まじいライブであった。感動を覚える音の太さとテクニックである。台風が来る中、暴風の中を練り歩くような、暴力的で威圧的で破壊的なジェフ・ベックのギターは凄い。

しかし、である。ジャズの世界では、このジェフ・ベックをも凌ぐ、激しく凄まじいエレクトリック・ギターを中心とした「ジャズ・ロック」が多々存在するから、ジャズの世界は恐ろしい。最近、手に入れて聴いてブッたまげたアルバムが『Electric』(写真左)。 Larry Coryell (g・写真右), Victor Bailey (b), Lenny White(ds)のトリオ演奏である。

これが凄まじいばかりのハードなエレクトリック・ギター・インストなのだ。昨日、ジェフと同様、れれき・ギターの音が太くて、切れ味抜群。加えて、ロックのギタリスト達のテクニックと比べて、ジャズのギタリストのテクニックは、その一枚いや二枚上を行く「超絶技巧」を絵に描いたような「バカテク」である。聴いていて、眩暈がしそうな、めくるめくテクニックの応酬。
 

Electric

 
ジャズ側からロック側にアプローチした演奏で、選曲もジェームス・ブラウンの「Sex Machine」や、レッド・ツェッペリンの「Black Dog」が目を惹く。でも、この2曲とも、ロック側に全く迎合しておらず、原曲の雰囲気を少しだけ残してはいるが、完全にジャズ・イディオムにデフォルメされており、見事なジャズ・フュージョン的な演奏になっている。

逆に、純ジャズからの選曲は、モーダルで先鋭的なウェイン・ショーターの「Footprints」なんかを選んでおり、これがまた、超絶技巧な演奏で、これは、どっちかといえば、純ジャズのジャンル、現代のエレクトリック・ジャズの最先端を行くレベルの演奏である。

いやいや、上には上があるというか、ラリー・コリエルのギターは、ロックよりのシャープなフレーズを弾き倒してして聴き応え満点、ベイリーとホワイトのリズム隊は、このコリエルのギターを支えるどころが、コリエルのギターに挑みかかるような、トンガったバッキングが凄い。なんせ、テクニックのレベルが違う。聴いていると唖然として、口がポカーン、である(笑)。

昨日のジェフのギターを、台風が来る中、暴風雨の中を練り歩くような、と形容した。が、コリエルのギターは、確かに、台風が来る中、暴風雨の中を練り歩くような感じは同じなんだが、台風の気圧が違う、というか、気圧が圧倒的に低い、勢力の非常に強い台風の暴風雨の中を練り歩く感じなのである。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 暴風雨の中を練り歩くギター | トップページ | ジャズの小径・12月号の更新です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの世界は更に激しい:

« 暴風雨の中を練り歩くギター | トップページ | ジャズの小径・12月号の更新です »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー