最近のトラックバック

« 遅れてきた「西海岸ロック」 | トップページ | 不思議に「ねじれた」個性派ギター »

2008年12月 4日 (木曜日)

これまた楽しいヴィブラフォン

昨日は、西海岸系カントリー&フォーク・ロックバンドの「Firefall」三昧の一日。嬉しくて、4回も繰り返し聴いてしまいました。いや〜、西海岸系カントリー&フォーク・ロックは「お腹一杯」(笑)。今日は気分を変えて、ジャズを聴こうと思い立つ。

こんな時は、ハードな純ジャズはちょっと「きつい」。リラックスして、楽しんで聴ける「ポップな」ジャズが良い。ファンキー・ジャズの類が良いかな。そう言えば、最近、テリー・ギブス(Terry Gibbs)の『Hootenanny My Way』(写真左)を手に入れていたのを思い出した。

テリー・ギブスはヴィブラフォン奏者。1924年生まれですから、今年84歳になりますね。未だ現役みたいで、いやいや、素晴らしいですね。ギブスのヴィブラフォンは、ミルト・ジャクソンとは対象的な、メタリックな音が特徴です。そのギブスが、お馴染みのトラディショナル・ナンバーを集め、ゴキゲンにスイングしているアルバムが『Hootenanny My Way』。1963年の録音になります。

Terry_gibbs_hootenanny

パーソネルは、Terry Gibbs (vib) Al Epstein (ts,conga,fl) Jimmy Raney (g) Alice McLeod (p) Al Belding (ds)。ちなみに、ピアノのAlice McLeodは、後のアリス・コルトレーン。この時は、まだ、コルトレーンと結婚していません。トラディショナル曲中心のセレクションで、ちょっと俗っぽい演奏になりがちなところを、ジミー・レイニーのギターによってジャズらしさを維持しているところが面白い。

ちょっとオーバー・ファンクなところもありますが、どの曲もバランスの取れた良い演奏です。ノリが良い曲を中心に取り上げられていて、聴いていて楽しいことこの上無しです。自然と足が動き、自然と手が動きます。俗っぽさギリギリの、楽しいファンキー・ジャズです。

ハードな純ジャズにじっくりと耳を傾けるのも良い。時に、楽しいファンキー・ジャズにノリノリになりながら、リラックスして楽しむのも良い。ジャズっていろいろな聴き方が出来て、全く飽きがこないところが、これまた良くて、今日は「あ〜、ジャズを聴いていて良かったなあ」としみじみ思うのでした(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 遅れてきた「西海岸ロック」 | トップページ | 不思議に「ねじれた」個性派ギター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/25906974

この記事へのトラックバック一覧です: これまた楽しいヴィブラフォン:

« 遅れてきた「西海岸ロック」 | トップページ | 不思議に「ねじれた」個性派ギター »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ