最近のトラックバック

« ほのぼのカーティス・フラー | トップページ | CCRの傑作アルバムは... »

2008年12月25日 (木曜日)

そろそろ決着を着けなければ

この一年、いろいろな角度から聴き続けてきたバンドがある。クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(略称CCR)である。このバンドがどうしても気になって、彼らのアルバムを聴き続けてきた。

CCRは、アメリカ南部特有の泥臭いサウンドを持ち味としたサザンロックの先駆者的存在、とされているが、そうなんだろうか。1968年にスワンプロック(南部のロック)のカバー曲「スージーQ」がヒット、当時ヒッピー文化が全盛だったサンフランシスコでは異色の存在として脚光を浴びる、とあるがそうなんだろうか。

すべてのスタジオアルバムとライヴアルバムが見事に復刻され、CD約1枚分におよぶCCR結成以前の音源も入った6枚組ボックス盤(写真左)をiPodに放り込んで、ちょくちょく聴いてきたんだが、このCCRって、サザンロックじゃないやろ〜。

デビュー・アルバム『Creedence Clearwater Revival (1968)』から『Bayou Country (1969)』『Green River(1969)』の3枚は、音の作り、ボーカルの雰囲気ともに、サイケデリック・ロックの雰囲気が色濃く出ている。ヒッピー文化において、アメリカン・ルーツ・ミュージックを踏襲する流れというのは、CSN&Yもそうしたように、当時のロック・バンドの流行だった。スワンプロックの「スージーQ」をカバーしたのは、その流行に乗っただけのような気がする。

Creedence_clearwater_revival

今回、CCRを聴き込んで判ったのは、CCRの本質は「サイケデリック・ロック」だということ。特に、John Fogerty(ジョン・フォガティ)のリード・ギターのフレーズ、Stuart Cook(ステュアート・クック)のベース・ラインは、「サイケデリック・ロック」雰囲気が色濃く出ている。

4枚目の『Willy and the Poor Boys (1969)』から、アメリカン・ルーツ・ロックを大胆に採り入れて、サウンドの広がりを求めるが、どうしても、リード・ギターのリフやフレーズ、ベース・ラインに「サイケデリック・ロック」独特の雰囲気が強く出てしまい、どうしても新しい展開には至らない。

でも、これがCCRの個性であり、面白さなんだよな〜。70年代ロックの新しい音に乗り切れない、1960年代後半のヒッピー文化を色濃く引きずったCCRは、サンフランシスコのロック・シーン、ひいては西海岸ロック・シーンの中で、実に個性的な存在だったことが窺い知れる。

4枚目『Willy and the Poor Boys (1969)』、5枚目の『Cosmo's Factory (1970)』は、サイケデリック・ロックからの脱皮を図ろうとするCCRではあるが、70年代ロックの新しい音に脱皮しきれない、CCRの苦悩、というか不器用さが見え隠れして、なんだか頼りなさそうでもあり、なんだか時代遅れの個性が逆に面白かったりする。

そして、解散までのラスト2枚『Pendulum (1970)』『Mardi Gras (1972)』に至るのであるが、実は、この2枚が、僕にとってはCCRのベストだったりするのだが、その話はまた明後日に。

明後日って何、と思った方は、実に注意深い方ですね。そう明日は今年最後の忘年会。恐らく午前様になるので、明日のブログはお休みします。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« ほのぼのカーティス・フラー | トップページ | CCRの傑作アルバムは... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/26495761

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ決着を着けなければ:

« ほのぼのカーティス・フラー | トップページ | CCRの傑作アルバムは... »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ