« 一日早いクリスマス・イブ | トップページ | そろそろ決着を着けなければ »

2008年12月24日 (水曜日)

ほのぼのカーティス・フラー

トロンボーンは実にほのぼのとした音で、実に魅力的である。構造上、速いパッセージはちょっとしんどいが、ミッド・テンポ〜スロー・テンポでの、丸くほのぼのとした音は、実に魅力的である。

ジャズにおいては、ディキシーランド・ジャズの頃から代表的な地位を確立、ビッグ・バンドのホーン・セクションの一員としてだけでなく、独奏楽器としても活躍の場も多かった。

スウィング・ジャズなどの時代ではバンド内の主役楽器として活躍していた。が、速いパッセージを競うスタイルであるビ・バップになってから、次第に主役としての地位を、サックスやトランペット等の他の楽器に渡すことになる。

それでも、その魅力的な音で、独奏楽器として、はたまた、他の金管楽器、木管楽器とのユニゾン、ハーモニーの「厚みと彩り」に欠かせないフロント楽器の一つとして、ジャズのそれぞれの時代で、必ず、代表的なミュージシャンが存在する。

ハードバップ時代を代表するトロンボーン奏者の一人に、カーティス・フラーがいる。カーティス・フラー(Curtis Fuller)は、1934年12月生まれ。米国ミシガン州デトロイト出身のモダンジャズのトロンボーン奏者で、今年74歳。彼のトロンボーンは、丸くて「ぼよよん」としていて「ほのぼの」とした、歌心溢れる暖かい音色が特徴。
 

The_opener

 
今日は、彼のブルーノートでの最初の作品である『The Opener』(写真左)を聴いた。冒頭からFullerのワンホーンによるバラード「A Love Way to Spend an Evening」というのが「渋い」。Fullerの歌心溢れる暖かい音色が実に素晴らしい。

このアルバムは、全編を聴き通すと判るが、ハードバップの特徴のひとつである「スイング感」や「熱気溢れるインプロビゼーション」を前面に押し出すというよりは、トロンボーンの「ほのぼの」とした音色とFullerの歌心溢れるトロンボーンを活かすような選曲とアレンジが施されている。う〜ん、ニクイねえ。ブルーノートの総帥、アルフレッド・ライオンのプロデュースの成せる技である。

パーソネルも、 Curtis Fuller(tb), Hank Mobley(ts), Bobby Timmons(p), Paul Chambers(b), Art Taylor(ds) と、ツボを押さえた人選である。見渡すと、ファンキー・ピアノの権化であるBobby Timmonsの参加が目を惹くが、これがなかなか、Fullerの歌心溢れるトロンボーンに、彼としては珍しく、グッとファンキーさを押さえたピアノで、そこはかとなく「ファンキーな香り」を添えているところが、実に「粋」。

ブルーノートの特徴として、しっかりとリハーサルを積んで、しっかりと練習を積んで、本番の録音に臨んことが良く判る、実に良くできた、実に素晴らしい演奏の数々。やっぱり、ブルーノートの1500番台は素晴らしいですね〜。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 
 

« 一日早いクリスマス・イブ | トップページ | そろそろ決着を着けなければ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほのぼのカーティス・フラー:

« 一日早いクリスマス・イブ | トップページ | そろそろ決着を着けなければ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー