最近のトラックバック

« 現代ジャズの成熟度と可能性 | トップページ | やっと再会できたアルバム »

2008年11月26日 (水曜日)

耳休めに「絵に描いた様なジャズ」

チック・コリアの1998年のライブBOX盤『A WEEK AT THE BLUE NOTE』を聴き通して、ちょっと疲れた。1998年の演奏が、現代ジャズの最先端の音とは言わないが、それ相応に現代ジャズの先端を行く、素晴らしい演奏だと思う。当然、テンションは高い。

テンションの高い演奏をCD6枚分聴き通すと、さすがに疲れる。疲れたら、絵に描いたようなジャズ、絵に描いたような純ジャズが良い。耳休めである。さて、耳休めに「絵に描いたようなジャズ」って、どれだっけ・・・。

今日、選んだのは、Modern Jazz Quartet(MJQ)の『Topsy - This One's for Basie』(写真左)。1985年、MJQの最後のスタジオ録音盤である。かのカウント・ベイシーに捧げられたアルバムとのことだが、ベイシーの楽曲は、3曲目の「Topsy」のみ、という不思議な内容のアルバム。

それでも、さすがはMJQ、円熟の極み、これぞモダン・ジャズ、という演奏を全編に渡って繰り広げている。ミルト・ジャクソンのヴィブラフォン、ジョン・ルイスのピアノが、入れ替わり立ち替わり、それぞれの個性を活かして、旋律を取り、インプロビゼーションを繰り広げる。
 

Mjq_topsy

 
バックのリズム・セクションである、パーシー・ヒースのベース、コニー・ケイのドラムは、それはもう円熟の極み。究極の職人芸とはこのことだろう、控えめながら、素晴らしいテクニックで、堅実なビートを供給する。時にとるソロが絶品。この2人のリズム・セクションがあって、ミルトとルイスは、自由に柔軟にインプロビゼーションを繰り広げられるのだろう。

冒頭の「Reunion Blues」から、ラストの「Rockin' In Rhythm」まで、どの曲を、どの演奏を取っても「絵に描いたようなジャズ」。確かに、若かりし頃のMJQの様に、切れ味鋭い、尖った挑戦的な演奏では無いが、新しい表現方法に果敢にチャレンジしてはいないが、長年、演奏してきた円熟味をベースに、安定感のある純ジャズを繰り広げる。これも「ジャズ」である。

良い演奏です。繰り返し3回も聴いてしまいました。前にもこのブログに書きましたが、再結成後のMJQのアルバムって、なぜか評価が低いんですが、そんなことないですよ。現代ジャズの最先端って感じの尖ったところは無いですが、良い演奏、良い内容です。心から暖まります。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 現代ジャズの成熟度と可能性 | トップページ | やっと再会できたアルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/25670806

この記事へのトラックバック一覧です: 耳休めに「絵に描いた様なジャズ」:

« 現代ジャズの成熟度と可能性 | トップページ | やっと再会できたアルバム »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ