最近のトラックバック

« デイブ・メイソン『Certified Live』 | トップページ | 癒しとして「聴かせる」ジャズ »

2008年11月30日 (日曜日)

小春日和にボサノヴァを...

昨日今日と、千葉県北西部地方は、穏やかな晴天の天気が続いている。ちょっと風が強かったりもするんだが、風が止むと、「小春日和」という言葉がピッタリの穏やかな日和。太陽の光は柔らかく眩しく、ふんわりと優しい。

この柔らかな「小春日和」の日差しに包まれて、メインのステレオでジャズを聴きながら、詰将棋を10題ほど解いて、ジャズCDのデータベースなどを更新したりしている。ノンビリとした11月最後の日。もう明日からは師走。12月なんですね〜。ノエルのシーズン到来である。

さて、小春日和の長閑な雰囲気の中、久々に、アントニオ・カルロス・ジョビンのボサノヴァを聴く。今日聴いたアルバムは『The Composer of Desafinado, Plays(邦題:イパネマの娘)』(写真左)。ボサ・ノヴァの帝王ジョビンの自作自演集。1963年5月ニューヨークでの収録。当時のジャズの大手レーベルである「ヴァーヴ」からのリリース。ジョビンの全米デビュー作である。

アントニオ・カルロス・ジョビン (Antônio Carlos Jobim, 1927〜1994年)は、ブラジルの作曲家・編曲家・ミュージシャン。1950年代後半、ジョアン・ジルベルト、ヴィニシウス・ヂ・モライスなどとともに、ボサノヴァという音楽ジャンルを創生したと言われている。1960年代前半、ジャズのジャンルでも、ボサノヴァ・ジャズ・ブームが到来し、スタン・ゲッツとのコラボが代表的。

Antonio_cj_conpose_2

今日は、ボサノヴァの本家本元の演奏を聴いた訳だが、音のシンプルさ、音の重ね方、間の取り方、リズムの整え方など、ボサノヴァならではの部分が、やはり素晴らしい(当たり前か・笑)。ジャズ・ミュージシャンだけでは、こうはいかない。シンコペーションを伴う独特のリズムは、やはりボサノバの地元、ブラジルのミュージシャンならではの個性なんだろうな。

セブンスのコード進行が心地よさをもたらす曲の数々。クラウス・オガーマンのウォームなアレンジが、ジョビンの演奏を更に引き立たせる。今で言う「癒しの音楽」ですね。ヒーリング効果抜群です。「イパネマの娘」「おいしい水」「コルコヴァード」「ワン・ノート・サンバ」「デサフィナード」というボサ・ノヴァの名曲がズラリと並ぶ選曲は圧巻です。ボサノバ・ジャズの源流を確認できる、ジャズ・ファンにとっても「必聴の一枚」でしょう。
 
従来から「夏はボサノヴァ」というのが、僕の持論だったが、今日の様な「小春日和」の陽光長閑な昼下がりにも、ボサノヴァはピッタリである。良い音楽って言うのは、季節を選ばない。気候や取り巻く環境が、他の季節よりも更にフィットして「より良く聴ける」という観点でのみ、季節を選ぶんだろうな〜。
  
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« デイブ・メイソン『Certified Live』 | トップページ | 癒しとして「聴かせる」ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/25781330

この記事へのトラックバック一覧です: 小春日和にボサノヴァを...:

« デイブ・メイソン『Certified Live』 | トップページ | 癒しとして「聴かせる」ジャズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ