最近のトラックバック

« イエス結成35周年ツアーを観た | トップページ | ブラジル・テイスト満載!! »

2008年11月16日 (日曜日)

上手いなあ〜、感心するばかり

鬱陶しい天気の続く、この週末。こんな天気嫌やなあ。精神的にも、ちょっと嫌なことがあって気が滅入っていて、そのせいで風邪をひいて体調は最悪。

体調が最悪なので、大人しく寝ていればいいんだが、あまり寝てばかりいると、腰が痛くなるわ、逆に夜に寝られなくなったりするので、ちょっと起きて、ブログなど書いている。

昨日、たまたま、寝ながら聴いていたフュージョン・アルバムの中で、改めて「上手いなあ〜、凄いなあ〜」と、ただただ感心するばかりのアルバムがあった。Lee Ritenour(リー・リトナー)の『Captain Fingers』(写真左)、デビュー作の『First Course』についで、2枚目のリーダー作。

とにかく、リトナーが全編に渡って、縦横無尽に弾きまくっている。名刺代わりの1曲目「Captain Fingers」で度肝を抜かれる。2曲目の「Dolphin Dreams」の清々しさに感動し、スティービー・ワンダーのヒット曲をカバーした5曲目の「Isn't She Lovely」のボーカル入りのポップな感覚などなど、名曲、名演の数々。
 

Captain_fingers

 
ちょうど、本作と前後して、日本企画制作による『Lee Ritenour and His Gentle Thoughts』、リー・リトナーの名前をフュージョン界に知らしめた名盤ではあるが、振り返ってみれば、当時、画期的な録音方法として持てはやされた「ダイレクト・カッティング」による一発録りだったので、ちょっと大人し目で、内容的にも安全運転的な演奏だった。

逆に、この『Captain Fingers』は、じっくりと時間をかけて作り込んだ感じがとても良く出ていて、これぞL.A.フュージョンといったサウンド・カラーを方向づける様なサウンドがずらりと並んでいる。ジャズ・ロック〜クロスオーバーといったジャンルとは違い、ジャズ色は希薄。このジャズ色が希薄な分、フュージョンという新しいジャンルの音、って感じがして感慨深い。

フュージョン系のアルバムとして、完成度は高い。どの曲もどの曲も聴いていると「上手いな〜、凄いな〜」と感心するばかり。良いアルバムです。フュージョン・ファンにはお勧めの名盤ですね。

そうそう、リー・リトナーについては、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」、「フュージョンの風に吹かれて」のコーナーに、「L.A.の超テク・ギタリスト/リー・リトナー」(左をクリック)のタイトルで、特集をアップしていますので、よろしかったら、一度ご覧下さい。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« イエス結成35周年ツアーを観た | トップページ | ブラジル・テイスト満載!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/25384537

この記事へのトラックバック一覧です: 上手いなあ〜、感心するばかり:

« イエス結成35周年ツアーを観た | トップページ | ブラジル・テイスト満載!! »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ