最近のトラックバック

« やっと再会できたアルバム | トップページ | デイブ・メイソン『Certified Live』 »

2008年11月28日 (金曜日)

やっと再会できたアルバム・2

やっと再会できたアルバムの第2弾。もう一丁、デイブ・メイソンのアルバムである。その名も『Split Coconut』(写真左)。邦題は、なんと『破壊された頭脳』(爆笑)。なんちゅう邦題じゃ。

そういえば、当時、CBSソニーの邦題は凄いものが多かった。ジェフ・ベックの『Blow By Blow』が『ギター殺人者の凱旋』。テッド・ニージェントのデビューアルバム『Ted Nugent』が『伝説の爆撃機』。そして、この『Split Coconut』が『破壊された頭脳』。いや〜、この『破壊された頭脳』って邦題、ダントツで凄いですね〜。どうやって考えたら、こんな邦題になるんですかね〜。

加えて、このアルバム・ジャケットのデザインが凄い。確かに、デイブ・メイソンが、スワンプから中米はカリブ海へ音のベースをシフトし、確かにトロピカルなニュアンス溢れるアルバム・コンセプトではあるが、この「のほほん」とした、見るからに「トロピカル」なデザインは、かなり「引く」。1975年に発売されたアルバムですが、僕も、この邦題とこのジャケット・デザインで、大学に入ってからも、なかなか触手が伸びなかったのを覚えている。

この邦題とジャケット・デザインはかなり「引く」が、このアルバムの内容は秀逸。レゲエを始めとする、中米はカリブ海の音世界を自分のものにして、カバーでは無い、デイブ・メイソンのオリジナルとして、カリブ海の雰囲気を濃厚に漂わせる、実にオシャレなトロピカル・ムード満点のアルバムとして、実に良い感じ。
 

Split_coconut

 
同時期に出た、エリック・クラプトンの『461 Ocean Boulevard』と比べると、安易に、ボブ・マーリィーの完全コピーに走った「I Shot the Sheriff」が、ロック界で初めてレゲエを採り入れた曲(ほんまかいな)として有名になり、後の曲はブルースの焼き直しであったりで中途半端。でも、クラプトンの「破滅伝説」が、当時の日本のレコード会社、評論家の方々からすると「売れ線」で、音楽的に優れていたデイブ・メイソンが、日本では「マイナー」で、コピー&中途半端なエリック・クラプトンが、日本では「メジャー」だったのが、今でも不思議。

で、『Split Coconut』あるが、これ、実に良い内容のアルバムです。出だしから実に心地良い、カリブ海独特な「トロピカル」な雰囲気。抜群なテクニックがありながら、弾き過ぎないギター。上手くなった「男気満点」のボーカル。スタジオ録音のコツを会得した、テンションとスピード感のあるアレンジ。どれを取っても、優れた出来だと思います。このアルバムが、日本ではあまり評価されていないことが、僕にとっては実に不思議です。

ハスキーで優しい声で、木訥に語るように歌われると、もう「たまりません」ね〜。収録された楽曲も、歌心溢れる旋律が美しく、優れた楽曲ばかりで、思わず集中して聴いてしまいます。ライブ盤『情念』にも収録された「Give Me a Reason Why」なんて惚れ惚れする曲です。

メジャーの仲間入りをしてもおかしくないアーティストです。一度、聴いて欲しいアルバムです。

このアルバムも、過去CD化されたが、このところ再発されなかったアルバムの一枚。これだけの内容なのに、なぜ常に再発供給されないのか、理解に苦しみます。今回、UKにて再発されて、やっとCDで手に入れることが出来ました。う〜ん、大英帝国万歳って気持ちで一杯です(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« やっと再会できたアルバム | トップページ | デイブ・メイソン『Certified Live』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/25730056

この記事へのトラックバック一覧です: やっと再会できたアルバム・2:

« やっと再会できたアルバム | トップページ | デイブ・メイソン『Certified Live』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ