« フレディ・ハバードって... | トップページ | 展覧会の絵・Deluxe Edition »

2008年11月22日 (土曜日)

ジャズの小径・11 月号の更新です

今年は冬が来る速度が「かなりの駆け足」です。今日の我が千葉県北西部地方、冷たい西風が吹きつけて、寒い寒い。まだ11月なのですが、体感的には、12月の中旬から下旬の感じです。冬の寒さが苦手な僕には、憂鬱な季節の到来です。今年は「厳冬」なのでしょうか?

さて、今日、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」の更新をしました。月一回更新の名物コーナー「ジャズの小径」の11月号をアップしました。

11月の「ジャズの小径」は、先日、このブログでも予告を出しましたが(11月19日のブログ・ここをクリック)この山中千尋の新作『プラヴォーグ』の大特集です。通算8枚目のリーダー作である、この『プラヴォーグ』。アルバム全編に漲る心地良いテンション、ミュージシャンとしての矜持が感じられるインプロビゼーション。内容のある、ストイックなアルバムです。

Yamanaka_image

アルバム・タイトル『bravouge(ブラヴォーグ)』は、楽典用語の「ブラブーラ」:1)高度な技巧を必要とする華麗な曲、2)勇壮・華美、華やかな演奏(演技の)威勢のよさ、と「vouge(スタイル、形式、ファッション)」とを合わせた造語だそうです。

タイトルの造語の説明を聞いた時は「ふ~ん」という感じなんですが、アルバムを聴き始めてみると、このアルバム・タイトルの「造語そのもの」の音が展開されていることに気が付いて、唖然とすることとなります。

続きは、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」(左をクリック)でどうぞ。扉から入って「What's New」のコーナーをご覧頂ければと思います。「ジャズの小径」は「ジャズへの招待状」の部屋のコーナーの一つです。
 
では、バーチャル音楽喫茶『松和』でお待ちしています。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« フレディ・ハバードって... | トップページ | 展覧会の絵・Deluxe Edition »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの小径・11 月号の更新です :

« フレディ・ハバードって... | トップページ | 展覧会の絵・Deluxe Edition »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー