最近のトラックバック

« 職人同士の素敵なデュオ | トップページ | 鹿男あをによし »

2008年10月 4日 (土曜日)

セロニアス・モンクに再挑戦

ちょっと気温が上がって、暑いくらいの陽気だったが、空は青空、秋らしい良い天気の土曜日。カットに行って髪の毛もサッパリ、気分の良い土曜日である。

ジャズを聴き始めて、そこそこ約30年以上になるが、未だに理解し尽くせないミュージシャンが幾人か残っている。その一人が「セロニアス・モンク」。

「Thelonious Monk(セロニアス・モンク)」。ジャズ・ジャイアントの一人。1917年10月生まれ。 1982年2月17日没。「孤高のジャズ・ピアニスト」として知られ、即興演奏における独特のスタイルと、数多くのスタンダード・ナンバーの作曲で知られる。

独特の不協和音と独特のタイム感覚が、アーティスティックで実に素晴らしいのだが、ポップスやクラシックで、協調和音に慣れ親しんだ耳には、初めて聴いた瞬間、実に理解し難い音に聴こえる。ポップスやクラシックで、旋律を追うことに慣れた耳には、初めて聴いた瞬間、驚愕の音に聴こえる。

作曲者としては、「ストレート・ノー・チェイサー」、「ラウンド・ミッドナイト」などの名曲を作曲。あのマイルスも認める作曲の才能は素晴らしい。今では、モンクの手なる曲が、ジャズ・スタンダードとして、かなりの数が演奏されている。
 

Thelonious_monk_conmlete

 
で、僕は、セロニアス・モンクのピアノが好きである。初めて聴いた瞬間から、この独特の不協和音と独特のタイム感覚にはまって、癖になった。気持ちの良い不協和音。予測の出来ないタイム感覚。聴いていて、これだけ面白いピアノは無い。クラシックには全く無い、全く当てはまらない感覚。

が、である。モンクのピアノは面白い、癖になる、のだが、他のジャズ・ピアノと比べて、何が面白くて、何が癖になる、のかが判らない。モンクに慣れ親しむよりも、まずは、ジャズ・ファンの皆が親しんでいる、ジャズ・ピアノを聴き、理解することが、モンクを理解することにつながると考えた。

それから幾年月。ジャズを聴き始めて、そこそこ約30年以上、なんとか、ジャズ・ピアノについては、ちょっとは理解できるようになったかと思う。そして、今回、もう一度、セロニアス・モンクのピアノを体系立って、聴き直してみようと思い立った。セロニアス・モンクに再挑戦である。

モンクと言えば、全盛期はRiversideレーベルでの諸作品であることは衆目の一致するところ。CD庫から、Thelonious Monk「The Complete Riverside Recordings」(写真左)を引きずり出してきた。Riversideレーベルのアルバムで所有していないアルバムも幾枚かある。ということで、得意のバラシ。全16枚をゲットした。

さあ、来週から、Riversideレーベルを順番に攻めることになる。楽しみやなあ。長年ジャズを聴き続けた耳に、Riversideレーベルのモンクは、どう響くのだろう。自分のことながらワクワクする。だから、「ジャズ者」ってやめられない。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 職人同士の素敵なデュオ | トップページ | 鹿男あをによし »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/24258677

この記事へのトラックバック一覧です: セロニアス・モンクに再挑戦:

« 職人同士の素敵なデュオ | トップページ | 鹿男あをによし »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ