最近のトラックバック

« セロニアス・モンク「ユニーク」 | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅳ »

2008年10月11日 (土曜日)

レッド・ツェッペリン Ⅲ

昨日は飲み会で、我がバーチャル音楽喫茶『松和』は臨時休業。そう言えば、昨日、プロ野球セリーグでは、ジャイアンツが優勝しましたね。最大13ゲームをひっくり返しての優勝って、ほんとうに奇跡的な優勝です。今年は、良いものを見せて貰いました。

さて、レッド・ツェッペリンの『デフィニティヴ・ボックスセット』を手に入れてから、おかげ様で、順調に聴き直しが進んでいます。

今日は、前回よりちょっと時間が空きましたが、レッド・ツェッペリン(以下ゼップと略す)の『デフィニティヴ・ボックスセット』を手に入れての、ゼップ聴き直しシリーズの第3弾。当然、聴き直しアルバム名は『レッド・ツェッペリン Ⅲ』(写真左)。

回転ジャケットのデザイン(今回のE式紙ジャケでも、しっかりと再現されていて秀逸)も楽しいサード・アルバムです。この『レッド・ツェッペリン Ⅲ』、発売当時、ハード・ロックの雄であったゼップが、アコースティックに走ったアルバムとして、賛否両論を巻き起こした問題作とされる。特に、LP時代のB面(CDでは、6曲目「Gallows pole」以下)は、アコースティック中心の楽曲がズラリと並ぶ。

当時、世間のゼップの評価は、冒頭の名曲「Immigrant song(移民の歌)」の演奏が示す「ハード・ロック」の代表格。譲って、ブルースチックな名演、4曲目の「Since I've been loving you(貴方を愛しつづけて)」が、当時、ゼップの音の印象。いきなり、6曲目「Gallows pole」の様に、アコースティック中心の、内省的な音にガラリと変われば、普通は戸惑うだろうし、普通はビックリするだろう。

しかし、今回、聴き直して見て思うんだが、LP時代のA面、CDでいうと、1曲目から5曲目については、しっかりと前作「Ⅱ」の雰囲気を引き継ぎ、更に洗練され、更に個性的になった、ハード・ロックの雄、ゼップの演奏となっている。

Zep_3

とはいえ、1曲目「移民の歌」のエレキギター中心のバリバリのハード・ロックから、2曲目「Friends」のアコースティック・ギターの前奏との落差は、今の耳で聴いても激しいので、当時の混乱は想像できる。

確かに、LP時代のB面(CDでは、6曲目「Gallows pole」以下)は、果たして、成功した内容だったのかどうかは疑わしい。アコースティック中心の楽曲とはいえ、ロックとしてのビートはしっかりとキープされ、ジミー・ペイジのアコースティック・ギターの腕も冴え、プラントのボーカルも一級品なのですが、「同じ雰囲気の曲調、アレンジ、アコギの音色」という「中途半端さ」は否めない。

まあ、6曲目から9曲目まで、ズラリと4曲もの、同系列のアコースティック中心の楽曲を並べる必要は無かったのでは、と思う。特に、ラストの「Hats off to (Roy) Harper」については全くの蛇足。なんで、こんな内容の無い演奏をラストに配したか理解不能。このラストの意味不明の楽曲が、このアルバムの締めくくりを阻害して、「なんだかなあ」という、実に中途半端な印象を残すのだ。

ハード・ロック一辺倒、つまり「印象的なリフとフレーズ」、当時絶対的人気を誇った「ブルース調」、そして、まだまだ根強い人気を維持していた「サイケディックな曲調」だけでは、凡百なロック・バンドに成り下がってしまう。そんな、実に高邁なアーティスティックな危機感を募らせての、この『レッド・ツェッペリン Ⅲ』のチャレンジだった訳だが、そのチャレンジは成功までには至っていない、と僕は思う。

但し、トラディショナルなフォーキーな雰囲気や、ワールドミュージック系の雰囲気、例えば、アイリッシュな雰囲気とか、中東風な雰囲気とか、そういう「フュージョンな感覚」が鍵になる、そして、その「フュージョンな演奏」についてはゼップは可能だ、ということを確かめた、実に野心的なアルバムだと僕は位置づけている。

賛否両論を巻き起こした問題作とはいえ、このアルバムは、英米でチャート一位を達成している。当時の他のロック・アルバムと比較すると、ゼップのアルバムは「高い内容と売れる要素」が満載の、圧倒的な競争力を持っていた、ということが言えるのだろう。

最後に一言、「レッド・ツェッペリンⅢは、A面(1〜5曲目)で、ゼップの威力を感じ、B面(6〜10曲目)で、ゼップの野心を感じろ!」。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« セロニアス・モンク「ユニーク」 | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅳ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/24430355

この記事へのトラックバック一覧です: レッド・ツェッペリン Ⅲ:

« セロニアス・モンク「ユニーク」 | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅳ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ