最近のトラックバック

« 金木犀、文化祭の思い出 | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅲ »

2008年10月 9日 (木曜日)

セロニアス・モンク「ユニーク」

セロニアス・モンクは、ジャズの歴史の中で、一番、個性的で一番ユニークな、一番尖った、追従を許さない、唯一無二の、孤高の存在である。

そんなセロニアス・モンクの「孤高の個性」については、正確に体験しないといけない。何を言いたいのか。つまり、セロニアス・モンクの初体験は、正しい環境、正しい状況で体験しないと、後々、モンクを誤解したままで、一番大事なことを理解しないまま、ジャズを深めることになる、ということを言いたいのだ。

では、そんな要求に応えるアルバムはあるのか、ということになる。リバーサイドのモンクのアルバムの中では、やはり、僕は、Thelonious Monk『The Unique(ユニーク)』(写真左)を挙げたい。

この『ユニーク』は、文字通りユニークなプレイでジャズ史に名を残すセロニアス・モンクのスタンダード集である。スタンダードを通じて、モンクの個性を正しく理解する。ジャズ初心者にとって、これが、一番、理想的な展開だろう。

僕はいきなり『ブリリアント・コーナーズ』から入ったので、危なかった。たまたま「これは面白い、これはハマる」と思ったので良かったが、だいたい、この辺から、モンクに入ると、ジャズ初心者にとっては、実に危険。
 

Unique

 
それに比べて、この『ユニーク』は良い。ジャズのフォーマットは「ビ・バップ」の域に留まっている。バックのベースとドラムは、リズム・キープが中心。ピアノだけが、どんどん走っていく。つまりは、ピアニストの個性に集中できるフォーマットが「ビ・バップ」。

冒頭の「Liza (All the Clouds'll Roll Away)」から、ビ・バップ全快。それでも、モンクのピアノは、ちょっと「おかしい」(笑)。音の重ね方、和音の選択、タイム感覚、間の取り方、どれもが、普通のジャズ・ピアノから外れまくっている。冒頭の前奏1フレーズを聴いただけで、モンクと判る個性。

さらに、ソロ・ピアノになると、モンクの「おかしさ」は更に際だつ。2曲目の「Memories of You」は、モンクの個性が全快。モンク好きにとっては、実に痛快な演奏である。この「Memories of You」は、あの「ベニー・グッドマン物語」のロマンティックなシーンのBGMに出てくる、優しい可愛いバラードである。これが、優しい可愛い雰囲気を残しながら、モンクの文法で切りまくる。これが前衛的でたまらない。

スタンダードの演奏の中で、最高にモンクの個性が輝いているのが「Tea for Two」。この「Tea for Two」は、原曲の雰囲気をしっかり残しながら、モンクの文法で切りまくる。その演奏は、最初の一音から、もう既に「おかしい」(笑)。この「Tea for Two」で、モンクの個性をしっかりと把握できる。この「Tea for Two」を体験し、慣れてしまえば、モンクは「怖くない」(笑)。

ジャケット・デザインもユニークです。切手を模したジャケットは、ジャズ・アルバムのジャケット・デザインの中でも有名な一枚。う〜ん、このジャケット・デザインも「ユニーク」。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 金木犀、文化祭の思い出 | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅲ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/24389179

この記事へのトラックバック一覧です: セロニアス・モンク「ユニーク」:

« 金木犀、文化祭の思い出 | トップページ | レッド・ツェッペリン Ⅲ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ