« 聴き惚れる「Feelin' Allright Live」 | トップページ | RCA時代のソニー・ロリンズ »

2008年10月26日 (日曜日)

渋いジャズでゆったりと・・・

結局、この3連休(金曜日は故あって有休)は、雨から曇空で、ちっとも晴れなかった。今日の午前中などは、予想外の雨まで降ってきた。それでも、午後、雨が上がってから、家の掃除を幾つかこなして、一息ついた。

一息ついて、なんか「ゆったり」とした夕暮れ時である。こんな時は、ゆったりとした気分で、聴き流せる、渋いジャズが良い。有名盤では無い、知る人ぞ知る、僕にとっての「愛聴盤」を聴きながら、ネットサーフィンなんかをしたりする。

もともと、今を去ること30年以上昔、ジャズを聴き始めて、初めて自分で買ったジャズ盤の一枚が、モダン・ジャズ・カルテット(以下MJQと略す)の『ジャンゴ』だったこともあって、MJQは、今に至るまで、僕にとっては、隅に置けない、お気に入りのジャズ・バンドである。

1974年、華々しく解散。その時の解散コンサートの記録が『The Last Concert』として残っている。これが素晴らしい名盤で、僕がジャズを聴き始めた時は、MJQは過去の伝説のグループだった訳で、この『The Last Concert』を早々に手に入れて、解散を惜しんでいた。が、である。1981年10月、突如として再結成する。これにはビックリした。過去の伝説のグループが、我々の目の前に、再び、姿を現したのだ。

Echoes_mjq

どうも、この一旦解散して、また再結成するっていうのが、潔くない、未練がましい、と映るらしく、日本のジャズ・シーンの中では、再結成後のMJQの評価はイマイチである。良いアルバムを出しているんやけどなあ。再結成後のMJQのアルバムは単品ではなかなか手に入りにくいのが現状。

そんな、再結成後のMJQのアルバムの中から、今日は『Echoes』(写真左)を聴いている。1974年のグループ解散から10年、再出発を告げるにふさわしく全編新曲でのぞんだ、新生MJQの記念すべきアルバム。1984年3月の録音である。パーソネルは、当然の不動のメンバー、Milt Jackson (vib), John Lewis (p), Percy Heath (b), Connie Kay (ds)。

どの曲も、適度に気合いが入りつつ、適度にリラックスした、上質のジャズが聴ける。1曲目「That Slavic Smile」、4曲目「The Hornpipe」は気合い充実のメインストリーム・ジャズ。硬派の演奏は気持ちが良い。そして、2曲目「Echoes」や3曲目の「The Watergate Blues」、5曲目「Connie's Blues」は余裕の演奏。適度にリラックスした、玄人好みの演奏が心地良い。ラストの「Sacha's March」は、真面目な顔して茶目っ気タップリ、MJQの職人芸が堪能できる。

どうして、再結成後のMJQって、日本では評価がイマイチなのかなあ。こうやって聴いていると、これだけ高水準の、内容のあるカルテットって、なかなかお目にかかれないと思うんですけどね〜。聴かず嫌いは良くありません。MJQのファンの方は、臆せず、再結成後のMJQにも耳を傾けてはいかがでしょう。

ジャケット写真は、1984年にリリースされたLP時代のもの(写真左)じゃないと、どうも気分がでません。数年前、日本で限定で再発された時は、このLP時代のジャケット写真が採用されて、嬉しかったのを覚えています。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« 聴き惚れる「Feelin' Allright Live」 | トップページ | RCA時代のソニー・ロリンズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋いジャズでゆったりと・・・:

« 聴き惚れる「Feelin' Allright Live」 | トップページ | RCA時代のソニー・ロリンズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー