« RCA時代のソニー・ロリンズ | トップページ | 枕草子の様なアルトサックス »

2008年10月30日 (木曜日)

秋の夜長に「素敵なデュオ」

盛春と晩秋の夕方。とっぷり日が暮れた夜の始まり。とても物寂しくて、実は苦手な季節である。この物寂しさはとても辛い。歳をとる毎に、その苦手さは年々増していく。

昨日、一昨日と打合せや懇親会で忙殺されて、2日間、ブログをお休みしました。もうヘロヘロです。今日はもうダウン寸前ですわ(×_×)。

今日は早々に家に帰り着いて、今日はさすがに晩酌抜き。肝休日である。精神的にも結構参っているところもあるので、ゆったりとジャズが聴きたい。ゆったり聴くジャズは「純ジャズ」に限る。それも、ドラムの無い、静かな雰囲気のデュオが良い。

最近気に入ってヘビーローテションになっているデュオがある。Barney Kessel & Red Mitchell『Two Way Conversation』(写真左)である。バーニー・ケッセル(Barney Kessel)はギタリスト。ジム・ホールと同系のシングル・トーンが魅力。そのシングル・トーンが太くてシッカリしているのが特徴。そして、レッド・ミッチェル(Red Mitchell)はベーシスト。その太いトーンとピッチの合った職人芸的なベースが魅力。

この職人2人のデュオが実に良い。実に良い味を出しています。1曲目の「Two Way Conversation」から、2人の息はピッタリ。玄人芸の応酬です。それでいて、太くて優しいケッセルのギター。そのギターに寄り添うように、ビートを供給するミッチェルのベース。う〜ん、和やかな空気が流れます。

Two_way_conv_22

LPでいうところのA面に当たる1〜3曲目がジャズ・スタンダード特集。B面が、当時のヒット曲がズラリと並ぶポップスカバー特集。どちらも魅力的な演奏ばかりで、僕はその時の気分によって、聴き分けています。

雰囲気を一言でいうと、A面の「ジャズ・スタンダード集」は、ケッセルとミッチェルの職人芸を駆使した、味のある純ジャズが聴けます。B面の「ポップス・カバー集」は、採り上げられた曲が魅力的。ギルバート・オサリバンの「Alone Again」、ロバータ・フラックの「Killing Me Softly With His Song」は良い味出してます。特に「Alone Again」には、しみじみしてしまします。

このデュオアルバムが録音されたのが、A面 : 1973年6月5日、B面 : 1973年10月2日。1973年と言えば、ジャズ界は、マイルスがエレクトリック・ジャズでグイグイ飛ばし、その影響を受けて、電気楽器を核としたクロスオーバー〜フュージョンが台頭してきた時期。

純ジャズには逆風の辛い時期。そんな時期に、この『Two Way Conversation』の様な「純ジャズ」バリバリのアルバムがリリースされていたなんて、ジャズの懐の深さに改めて感心します。

西海岸のギターとベースの巨匠たちの,リラックスした至芸を楽しみつつ、ユッタリと心を休め、体を休める。そうして晩秋の夜は更けていく。そろそろ眠くなってきました。今日はヘトヘトなので、この辺で寝ようかと。それでは、皆さん、お休みなさい zzz。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« RCA時代のソニー・ロリンズ | トップページ | 枕草子の様なアルトサックス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長に「素敵なデュオ」:

« RCA時代のソニー・ロリンズ | トップページ | 枕草子の様なアルトサックス »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー