最近のトラックバック

« プレスティッジのモンク・トリオ | トップページ | 渋いジャズでゆったりと・・・ »

2008年10月25日 (土曜日)

聴き惚れる「Feelin' Allright Live」

昨日は、季節外れの「まとまった雨」に見舞われた千葉県北西部地方。その余波が残ったのか、今日は「曇りのち晴れ」なんて言っていたのに、夕方まで、どんよりとした曇り空で「スカッ」と晴れない。風もヒンヤリして、なんだか「うら淋しい」秋の夕暮れ。

こんな「うら淋しい」気分を払拭するには、70年代ロックが良い。しかも、ガッツのあるやつが良い。質実剛健風のギター中心のアルバムが良い。

さて、僕のお気に入りの「70年代ロック・ギタリスト」の一人、デイブ・メイソンが、久しぶりに音楽雑誌やネット情報を賑わしている。何かどうなったのか、良く判らないが、今年6月に、日本でライブ・アルバムを発売、この10月には、21年ぶりのソロ・アルバムをリリース。にわかに脚光を浴びている。

「デイブ・メイソン」の名を聞いて、「知ってる知ってる」って即座に答える人って、70年代ロックの、かなりの「通」です。70年代、日本では人気がなかったからなあ。知る人ぞ知る、玄人好みのギタリスト&ボーカリストでした。

ちゃんとご紹介しておくと、デイブ・メイソンは、スティーヴ・ウィンウッドらと共に、伝説のグループ「トラフィック」の創成に関与し、エリック・クラプトンらに先駆けてスワンプ・ミュージックに接近したサウンドを展開し高い評価を得たことでも有名。ソロになってからも数々の名盤を生み出してきたギタリスト、シンガー&ソングライターです。

僕が、デイブ・メイソンを知ったきっかけは、1976年にリリースされた、ロック・ライブ・アルバムの伝説的名盤の一枚『Certified Live(邦題:情念)』。素晴らしい内容のライブ盤です。この伝説的名盤から、彼のソロ・アルバムを中心に、彼のキャリアを遡っていきました。

Feelin_allright_live

でも、このライブ・アルバム『Certified Live』を凌駕するアルバムは無いんですね。当時より、僕は、デイブ・メイソンの本質はライブにあり、デイブ・メイソンはライブ・アルバムを聴くべき、と常々思ってきました。そんな思いを持ちつつ、今でも、時々『Certified Live』は聴いてます。

そんなところへ、いきなり今年『Feelin' Allright Live』(写真左)がリリースされるんですから、あらビックリ。一時かなり混乱しました。いつのライブなのか、内容はどうなのか、最初、情報が無くて困りました。そもそも、最近のデイブ・メイソンって調子はどうなのかも含めて・・・。

そんな時、役に立つのが「iTunes」。iTunesにアップされていた、2004年USでリリースされた『Live At XM Radio』を試聴して、最近のメイソンの好調さが理解できました。ということで、当然、この『Feelin' Allright Live』はゲットしました。往年のデイブ・メイソンが堪能できて「大満足」の一枚です。

『Certified Live』の頃から、既に32年が経過しているので、当時のライブと比べると、明らかに「衰え」が感じられるのは仕方のないところ。でも、その「衰え」が、良い意味で「渋さ」になっているところが実に良い。『Certified Live』では、まだまだなんとなくミュージシャンとしての「青臭さ」が感じ取れるところがあるんですが、この『Feelin' Allright Live』では、円熟味溢れる「渋さ」で一杯です。デイブ・メイソンのミュージシャンとしての「誠実な年輪」が感じられる、実に良いライブ・アルバムです。

どの曲も往年の名曲ばかり。デイブ・メイソンのヒット・パレード、ベスト・アルバム的な構成ですが、決して、懐かしのメロディーになっていない、そのバイタリティに感動します。逆に、今の若手ミュージシャンに、この類の音は出せないのでは、と思います。

やっとロックの世界にも「縦の繋がり」が出始めたのでしょうか。ベテランと若手がそれぞれも持ち味を生かして、ロックというジャンルをアーティスティックな世界へ押し上げていく。僕にとっては、そんな時代が到来しつつあるのでは、という期待感を持たせる、今回のデイブ・メイソンのライブ・アルバムのリリースでした。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 
 

« プレスティッジのモンク・トリオ | トップページ | 渋いジャズでゆったりと・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/24736950

この記事へのトラックバック一覧です: 聴き惚れる「Feelin' Allright Live」:

« プレスティッジのモンク・トリオ | トップページ | 渋いジャズでゆったりと・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ